2011.04.17

春の庭そしてアフォリズム

Harunoniwa_2

この仕事がおわったら、
この苦しみをやり過ごしたら…。
本物の人生はこれから始まると、思っていたが、
そういった邪魔ものこそ、人生だった。

また、ある人は、いつか幸せになろうと思っていた。
それは未来という距離の彼方にあるものだと…。
しかし、それは苦しみの中にこそあるということを理解した。

幸せになる道などないということに気付こう。
そう、
幸せこそが道なのだということを学ぼう。

今庭には、幸せを生きてる花達。

| | コメント (0)