« カズオ・イシグロ (著), 土屋政雄 (翻訳)『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)を読んでみた。 | トップページ | 生活的模樣 »

2015.09.13

これもbluegrassなんだろうか?

どんなジャンルでもいいものはいいです。Aoife O'Donovanのこの歌は、とてもゆったりしたフェミニンな感じです。爽やかな高原で気持ち良く歌って演奏してますが、蚊とか虫と大丈夫だったんでしょうか? いつもはフラットマンドリンのSarah Jaroszがギターに持ち替えての演奏も聞きごたえがあるし、デュエットも心地良いです。

以前、紹介したことのある“コネマラ・ララバイ”のフィオヌラ・オドノヴァンは彼女の妹らしいです。父上はボストンのアイリッシュ・ミュージックを紹介しているTV番組のパーソナリティーをしてるらしいです。

|

« カズオ・イシグロ (著), 土屋政雄 (翻訳)『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)を読んでみた。 | トップページ | 生活的模樣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カズオ・イシグロ (著), 土屋政雄 (翻訳)『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)を読んでみた。 | トップページ | 生活的模樣 »