« 友部の『夕暮れ』 | トップページ | 『五つの赤い風船とフォークの時代』(なぎら健壱)を読んでみる »

2015.08.16

映画づけの夏休み

短い夏休みも終わり、明日からまた会社。今の会社まだ1ヶ月半。プレッシャーかかるなあ。夏休みはお金がないので、お家映画。6月に甥っ子の結婚式があって帰省した折、ホテルのBODっていうんですか? がきっかけで、結構映画観ました。
「アバウト・タイム」★★★★★
「荒野はつらいよ」★★★★
「まほろ駅前多田便利軒狂想曲」★★★★
「とらわれて夏」★★★★★
「百瀬こち向いて」★★★★
「あと1センチの恋」★★★★★
「私を離さないで」★★★★★
「TRUSH!」★★★★
「TED」★★★★
なかでも印象に残ったのは、「アバウト・タイム」結構人生観深い。
「とらわれて夏」あの女優、タイタニックに出てた人、演義が上手い。しとりしたヒューマンな映画です。ピーチパイ作りたくなりました。それから「私を離さないで」原作を読んでから観ましたが、さすがカズオイシグロ。なんの予備知識もなく読んだり観れば、さらに面白い。ヘールシャルム、いろいろ調べました。
「あと1センチの恋」ヒロインがなんていってもかわいいい。確かにあと1センチがミソでしたね。相手役のなっていったけ、彼が真面目な青年でした。人生思い通りにはいかないけど、夢はやはりあきらめないほうが……。

|

« 友部の『夕暮れ』 | トップページ | 『五つの赤い風船とフォークの時代』(なぎら健壱)を読んでみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友部の『夕暮れ』 | トップページ | 『五つの赤い風船とフォークの時代』(なぎら健壱)を読んでみる »