« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015.08.30

カズオ・イシグロ (著), 土屋政雄 (翻訳)『わたしを離さないで』(ハヤカワepi文庫)を読んでみた。

41rnqebo4vl_sx336_bo1204203200_
 村上春樹の何か書いたモノの中に「カズオ・イシグロ 」というイギリスの作家の名前が出てて、近くの図書館で見つけて最初に読んだのが短編集「夜想曲集」。まあそれなりに面白かったのだが、こんなものなのかな? という感じであった。
  次に見つけたのがこの本。これもまた全くの予備知識なしに読み進めていったのだが、すぐに物語にひきこまれた。「介護」と「提供」という言葉が頻繁に出てきて、介護をしてる人の話にしては、「提供」という言葉の意味がわからなくて翻訳がまずいのではないかと思った。さらに「ヘイルシャム」という施設というか学校での主人公の寄宿生活を語っているのだが、普通の学校ではないことは明らか。そうか「提供」というのは臓器の「提供」のことだったのか、ということが分かってくる。つまり、この「ヘイルシャム」という施設は回復可能な病人に臓器を提供するためのクローン人間の教育施設なのであった。その施設での、生徒たちと先生のやり取りや、生活、恋愛、その他彼ら彼女らの思いが、綴られていく。
  クローン羊(ドリー)のことぐらいしか知識がなかったが、もしもそれが現実に人間に適用さらたら? という作者の考えがリアリティを持って迫ってる。彼らは、恋愛もするし、嫉妬もするし、喧嘩もする普通の人間である。成人に近づくと彼らは、施設を出て、「介護人」になるか「提供人」になるかしかない運命を背負っている。ルーシーという主人公を通して、そんな運命を背負った、「普通」の人間の生活や気持ちや、考えを描き、その辺の社会問題をえぐり出す。
  むしろこの物語は、全くの予備知識なしに読んだ方が確実に面白い。ちなみに映画化もされており、ついでにそれも観てしまった。この場合、本を読んでから映画を見ることをお勧めする。

51i8sitz2l

| | コメント (0)

2015.08.29

ハヤカワ文庫、ピーター・メイ(青木創:訳)『さよならブラックハウス』(2014年9月10日文庫初版)を読んでみた。

51ql5y78cel_sx335_bo1204203200_
 近くのBook offの推薦の棚に置いてあった。普段ミステリーモノはあまり読まないのだが、スコットランドのルイス島を舞台に、その周辺の住民の生活やら気候風土、風習などと相まって主人公のフィン・マクラウド(エジンバラ市警の警部)の過去と現在捜査中の事件が交互に交錯して物語が進んで行く。その辺が興味深く、どんどん物語に引き込まれていく。解説を読むと「一人称と三人称の章を交互に組み合わせ、過去と現在を順々に語ることによって物語の臨場感を高めている」とあるが、まさにそのことによって読者はこの物語にすぐに引き込まれるのだろう。
 スコットランド、ルイス島ストーノーウェイに関して全く予備知識もなく読み進めたのだが、自宅に居ながら一人で海外旅行をして、小さな島のバーで偶然隣の席に座った人と友人になってお酒を飲みながら彼の半生に静かに耳を傾けるといった感があった。
 googlemapのストリートビューで街を散策したり、その地方の風習で「グーガ狩り」(その地方では、シロカツオドリの幼鳥を捕まえて食べる風習がある)をネットで調べたり、何重にも楽しめる作品であった。「グーガ狩り」に興味のある方は「sula sgeir」「guga hunt」でググってみて欲しい。本書はイギリスで100万部のベストセラー、フランスでは3文学賞を受賞している。

| | コメント (0)

2015.08.23

『五つの赤い風船とフォークの時代』(なぎら健壱)を読んでみる

フー子さんバージョンかな?
こんな本が出てたんだ。幻泉館のご主人がブログで紹介していたので読んでみる気になった。実は風船は当時あまり聴いてなかった。自分にとってはこれもフォ-クなの? という感じで、秋田にも来なかったし、真面目に聴いたのは随分後からだったような気がする。好きな曲は「まぼろしの翼とともに」、今でもカラオケでよく歌う。西岡さんとフー子さんのハーモニーが好きだった、特にフー子さんの声は普通の女の子声という感じではなく、やはりフォーク少女とうか、ちょっと凄みがあった。センチメンタルな歌詞とフー子さんのちょっとした凄みのある声のアンビバレンツな感じが新鮮だった。そのフー子さんはすでに亡くなられてしまった。また、オートハープやビブラフォンなど、変わった楽器の音色も好きだった。解散ちょっと前のレーコードを買ってよく聴いていた。解散の72年といえば15歳、中三頃のことかな? 2000年に再結成されて、練馬の文化センターまで聞きに行った。金ちゃんと、青木まり子さんが新たにメンバーになった。アーリーに金ちゃんは知ってたけど、青木まり子さんの歌の上手さに感激した。フー子さんとはまた違った感じですね。彼女の「うろこぐも」はいいですね〜。

| | コメント (0)

2015.08.16

映画づけの夏休み

短い夏休みも終わり、明日からまた会社。今の会社まだ1ヶ月半。プレッシャーかかるなあ。夏休みはお金がないので、お家映画。6月に甥っ子の結婚式があって帰省した折、ホテルのBODっていうんですか? がきっかけで、結構映画観ました。
「アバウト・タイム」★★★★★
「荒野はつらいよ」★★★★
「まほろ駅前多田便利軒狂想曲」★★★★
「とらわれて夏」★★★★★
「百瀬こち向いて」★★★★
「あと1センチの恋」★★★★★
「私を離さないで」★★★★★
「TRUSH!」★★★★
「TED」★★★★
なかでも印象に残ったのは、「アバウト・タイム」結構人生観深い。
「とらわれて夏」あの女優、タイタニックに出てた人、演義が上手い。しとりしたヒューマンな映画です。ピーチパイ作りたくなりました。それから「私を離さないで」原作を読んでから観ましたが、さすがカズオイシグロ。なんの予備知識もなく読んだり観れば、さらに面白い。ヘールシャルム、いろいろ調べました。
「あと1センチの恋」ヒロインがなんていってもかわいいい。確かにあと1センチがミソでしたね。相手役のなっていったけ、彼が真面目な青年でした。人生思い通りにはいかないけど、夢はやはりあきらめないほうが……。

| | コメント (0)

2015.08.05

友部の『夕暮れ』

20150805_213528_4
渡さんにも同名の曲がありますよね。これはこれで捨てがたいです。解剖台の上で蝙蝠傘とミシンが出会ったような。夕暮れとジャリ船と土手が夕焼けを背景にとけこんでるような。週末の夕方まったりしながらこの曲を聴きたい。バックはロケットマツとパスカルズでしょうか? 後ろで手を上げながらハモってるのか輪唱してるのか、不思議な女の子もいいですね。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »