« わかれゆく〜! ハーマンズ・ハーミッツ アイアンダースタンド | トップページ | ロシアンレッド、シガレット »

2014.01.12

アンサリーのハレルヤにのせて

売り娘を探そうとして
思いでの中を帰ろうとするたびに
僕は内なる階段を降りてゆく

エンドウの花が
風に揺れている夕暮れ
呼びもしないのに
やって来るまやかしの言葉に
酔ってしまった桃色の頬は
世界の確かさにその模様を広げる

僕は悲しいレモン水を
一気に飲み込んで
故郷の鉛の空に
たった一つの心を鳴らした

hat2.jpg

|

« わかれゆく〜! ハーマンズ・ハーミッツ アイアンダースタンド | トップページ | ロシアンレッド、シガレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わかれゆく〜! ハーマンズ・ハーミッツ アイアンダースタンド | トップページ | ロシアンレッド、シガレット »