« 教祖様! 布教活動の成果が実って、たくさんの信者さんが集まってきて良かったですね(笑)。The Flaming Lips with Edward Sharpe and the Magnetic Zeros - Do You Realize?? (Live) | トップページ | 教祖様! Mexico Cityばっかり行かないで、光が丘公園にも布教にいらしてください(笑)。エドワード・シャープ&磁気ゼロの“Carries On” »

2012.05.22

教祖様! やっぱりお顔が教祖様です。いったいどんなお経なんですか? Edward Sharpe & the Magnetic Zeros "Carries On" Live Acoustic


CSN&Yにも同名の曲があったような気がします。
ありがたいお経を訳すため、えらい苦労されたかつて中国の玄奘三蔵さんのように、あるいはボブ・ディランの歌詞の訳で有名な中山容さんのように、どなたか、彼等の詩をぼくの為に訳してくださいませんか? ですが、翻訳サイトではいけません。思うに、きっときっと、すごく愛に満ちた素晴らしい詩なんだろうなとは思ってます。 

|

« 教祖様! 布教活動の成果が実って、たくさんの信者さんが集まってきて良かったですね(笑)。The Flaming Lips with Edward Sharpe and the Magnetic Zeros - Do You Realize?? (Live) | トップページ | 教祖様! Mexico Cityばっかり行かないで、光が丘公園にも布教にいらしてください(笑)。エドワード・シャープ&磁気ゼロの“Carries On” »

コメント

こんばんは。
Up from belowを訳してみました。
直訳です。
ちょっと自信の無いところはBossのとこです。

Up From Below
下から上へ

父さんが「私は死ぬだろう」と言った時、私は5歳だった。
彼が「息子よ私は何も成し得なかった」と言った時私は泣いた。
彼が言ったことは間違いだと証明しようと打ったゲンコツは
結局流した血で死のうとしてるようなものだった。

私はもう受難しているから、君に神を知ってほしい
私は地獄からやってくる熱い炎に乗っている。

勇ましい風と雨が失恋の痛み※を吹き飛ばしてくれる。
麻薬のための薬が音も光も消し去ってくれる。

だけど、私は既に受難しているから、君に神を知ってほしい
私は地獄からやってくる熱い炎に乗っている。
そうさ、私はもう受難しているから、君に神を知ってほしいんだ。
私は地獄からやってくる天国の炎に乗っている。

ずっと下の方から---なんて高くまで行けるんだろう

失った全ての愛のために---ヘイ!ボスを演じて見ることさ
傷つけた全ての友人のために---彼らをまるでゴミのように扱っていた
吐きかけた全ての言葉---神聖でも真実でもない
逃げてきた全ての亡霊に---もう燃やしてしまえる

なぜなら私はもう受難しているから、君に神を知ってほしい
私は地獄からやってくる熱い炎に乗っている。
そうさ、私はもう受難しているから、君に神を知ってほしい
私は地獄からやってくる天国の炎に乗っている。

ずっと下の方から---なんて高くまで行けるんだろう

(注:window painは目に麻薬をさす痛みという意味もあるらしい。)

投稿: funsai | 2012.05.23 18:53

こんばんは。
さすが、funnsaiさん。感激です! こんな私の為にわざわざ本当にありがとうございます。

せっかく訳していただいたのに、日本語になってもよくわからないのは正直言って悲しいです。難解ですね。誤解を恐れずに感想を述べさせていただくなら、茨木のり子さんの『自分感受性くらい』という詩を連想しました。

失った全ての愛のために---ヘイ!ボスを演じて見ることさ
傷つけた全ての友人のために---彼らをまるでゴミのように扱っていた
吐きかけた全ての言葉---神聖でも真実でもない
逃げてきた全ての亡霊に---もう燃やしてしまえる

という部分が、気難しくなったり、苛立ったり、心が乾いたり、それを自分以外のせいにする事への嫌悪がみてとれるからです。たぶんそれは、失恋の為であったり、父親への反発であったり、とそんなことを連想しました。不幸の対岸に幸福があるのではなく、苦しみの連続こそ人生であり、それでも前へ進んでいけるこそ大事であり、その事が幸福であり、神の領域なんだ。というような事でしょうか? 勝手に妄想で解釈してます。笑ってください、頭悪くてすいません。

投稿: face@funsaiさん | 2012.05.24 21:10

すみません、私も良くわかりません。

たぶんこの手のゴスペル的な歌のやり方なんだと思いますが・・・
お父さんの死に直面した子供が、拳骨で壁を殴り続けひどい出血で死にそうになった経験を
たぶん「受難」と考えているのではないでしょうか。
それで、自分はもう既に受難しているから、皆も神を信じよう!
という歌なんでしょう、きっと。
よくわからないけど(笑)


投稿: funsai | 2012.05.25 11:01

般若心経を読み解くより難しいかもしれませんね。

投稿: face@funsaiさん | 2012.06.02 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 教祖様! 布教活動の成果が実って、たくさんの信者さんが集まってきて良かったですね(笑)。The Flaming Lips with Edward Sharpe and the Magnetic Zeros - Do You Realize?? (Live) | トップページ | 教祖様! Mexico Cityばっかり行かないで、光が丘公園にも布教にいらしてください(笑)。エドワード・シャープ&磁気ゼロの“Carries On” »