« こんなのもあります。 | トップページ | Mimi and Richard Farina »

2012.04.14

ミミ・ファリーナ&トム・ヤンス


静かな曲で、じっくり聞くといいですね。映画の主題歌とかなんですかね? 「偉大な白い馬」でよろしいんでしょうか。

|

« こんなのもあります。 | トップページ | Mimi and Richard Farina »

コメント

ミミとリチャードは私も大好きです。
トム・ヤンスという人をこれを見るまで知らなかったのですが、
ミミとツアーを組んでいたんですね、それでアルバムを出してる。
そこまではいいのですが、トム・ヤンスはwikiによるとオートバイ事故の後遺症で亡くなっているらしいです。
ミミの夫、リチャードもオートバイ事故で亡くなってますから、
ミミは二人のデュエット・パートナーをオートバイ事故で失っているんですね。
ミミはさぞかしひどいショックだったでしょうね。

この曲は元々はバックオーエンズの曲なんでしょうか、
歌詞を女性バージョンに変えて歌ってますね。

この演奏はとても深いですね。
教えていただいてありがとうございます。

投稿: funsai | 2012.04.15 18:40

こんにちは、いつもコメントありがとうございます。中学時代、folk songに興味を持って初めて買ったLPがppmで、その次に買ったのがジョンバエズのベストアルバムでした。田舎の片隅で、ラジオの深夜番組に耳を傾けていた頃が懐かしいです。その頃、ジョンバエズに妹がいるなんて知らずに「Pack Up Your Sorrows」を聞いてました。何十年もしてからあの頃の乏しい情報を埋め合わせるようにYouTubeで聞くようになって、ミミ&リチャードを知りました。このミミ&トム・ヤンスもそんな感じで聞いて、いいなと思いました。folk songに夢中になっていたあの頃は、今の時代よりもっと単純で、何が我々の敵でとか、世の中分かりやすくて、モノが言いやすかった。現代は社会が複雑すぎて、単純にメッセージを表現できない時代ではないかと思います。大分前にたまたま、仕事でNYに行く機会があって、1960年代のグリニッジヴィレッジはどんなだったかな? なんて思いながらその周辺を散策したこともありました。

funsaiさんがご指摘のように、ミミ・ファリーナにとって、このことは確かに悲しい出来事だったに違いありません。また彼女が病気で亡くなられた(?)ことも悲しいですね。バックオーエンズはこれからまた調べてみますね。どんどん興味が広がっていくようで、ありがとうございます。

投稿: face@funsaiさん | 2012.04.16 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなのもあります。 | トップページ | Mimi and Richard Farina »