« Mimi and Richard Farina | トップページ | 今宵はインストゥルメンタルで »

2012.04.16

こちらもPack Up Your Sorrowsです。


ギターもいいじゃありませんか!

|

« Mimi and Richard Farina | トップページ | 今宵はインストゥルメンタルで »

コメント

こんにちは。

いつも,素敵な曲の紹介をありがとうございます。

私事ながら(まあ,ブログにコメントすることで「私事」でないことはないのですが,この場を借りてなので…),この4月から釧路市に転居しました。

毎日,海の見える職場で勤務しております。

投稿: なも | 2012.04.17 03:49

こんばんは、お久しぶりです。こちらこそ、いつもごひいきにしてくださり、ありがとうございます。今度は釧路なんですね。それはまた随分遠くなりましたね。転勤が多い仕事なんですね。お一人ですか? それともご家族ご一緒なんですか? いずれにしても新しい環境でお仕事されるのは大変ですね、お察しします。
聞くところによりますと、釧路は霧の都。それもいいじゃありませんか。実は釧路は何回か、一人旅で行ったことあるんですよ。夏でしたけど、ものすごい真っ赤かの夕焼けに遭遇しまして、印象に残ってるんですよ。近くには釧路湿原や阿寒湖、知床。冬はきっとスキーやスケート、いっぱいウィンタースポーツが出来そうですね。それから『ヒッコリーウィンド』さんというHPがあって、そこにたまにお邪魔してます。たしか釧路湿原のあたりだと思います。もし興味がありましたら覗いてみてください。そしてたまには、このブログもみて応援してくださいね。では、釧路からのまたのお便りお待ちしております。お元気で!

投稿: face@なもさん | 2012.04.17 22:18

ミミとリチャードはすごく沢山のファンがいるようで、
彼らの歌で何人も友達を作りました。
これ私です。
http://www.youtube.com/watch?v=PDC3Trypwkg

釧路のヒッコリーウィンドか・・・
いいですねぇ。

投稿: funsai | 2012.04.18 11:27

こんばんは、
いや〜 人が悪いですね!
スリムでかっこいいし、
歌もうたわれるし、
まるでプロみたいじゃないですか!
本当はプロだったりして(笑)。
いや〜 感激しました。
スリーフィンガーピッキングなんでしょうか? 参りました。
それに外国の方ともたくさんお友達だし、英語バンバンじゃないですか。
なんとなく正体が見えてきましたけど、私のなかではまだまだ謎の人物です。

投稿: face@funsaiさん | 2012.04.18 22:12

なんか以前アメリカ人の写真家に
プロとアマチュアの違いは何?って
聞いたことがあるのですが、
プロはどんなに失敗してもアベレージは維持する。
でもアマは失敗すると全く使えない、
と言ってました。
私はその後者です。

投稿: funsai | 2012.04.19 15:49

いあや〜 なるほど、
そうかもしれませんね。
じぶんのことでいえば、
趣味が仕事になればいいなと思って、
いまの仕事に就いてるのですが、
いざ仕事になると楽しみが……。
っていう感じで、趣味をライフスタイルというんでしょうか、そのほうが言いたい事がストレートに表現出来るっていうもんでしょう! そう言う意味で、funsaiさんのされてる事は羨ましいです。あこがれます。自分は音楽の成績は2だったです。それでも大好きで、バッタ屋で中古のフォークギターを買って弾いて歌ってます。人前では絶対にみせたことありませんけど! ちなみに私が持ってるフォークギターは「James」というメーカーのです。funsaiさんのは少なくても2台は確認しましたよ。(笑)

投稿: face@funnsaiさん | 2012.04.19 22:26

Jamesというギターを私は知りませんでした。いまちょっと検索してみたら、きれいなギターですね。
同じ型式ではないと思いますが音も聞けました。すごくいいです。
私も一応マーチンとかいうギターを持ってたのですが、
金に困って売ってしまいました。
でも元々あまり好きなギターではありませんので、売って良かったと思います。
Suzukiのギターはヤフオクでいずれも1万円代で買ったものですが、
これは素晴らしくいいです。
弾きやすいし、ビビリ感が抜群に気持ちいいです。(世に言う「ネックが反ってる」っていうやつです)
マーチンとかいうギターでは絶対に出ない音(笑)です。

投稿: funsai | 2012.04.20 23:47

こんばんは。マーチンですか。すごいですね。そういえば、エミルーハリスはギブソン派でとか、聞いたことあります。やはり相性というのはありますものね。自分のは調べたら、初心者に打ってつけのギターらしいです。音も満足してます。suzukiのギターですか? なんかバイクみたいですけど、そんあのもあるんですね。ビビリ感というのが専門的でよくわからないのですが、ビリビリ鳴るくらい、よく共鳴してるという意味なんでしょうね。なんとなくわかる気がします。

投稿: face@funsaiさん | 2012.04.22 21:26

私のsuzukiのギターの2台は「ヒルビリー」っていう名前なんですが、
最近知ったのですが、スズキのバイクにも「ヒルビリー」っていうのがあるんですね。
それから私、昔乗ってたのがスズキのアメリカンでした(笑)。
ヒルビリーはびりびり鳴るんですが、
文字通り歪んでいるんです。
決してクリアーな音じゃない。
それが好きなのですが・・・

投稿: funsai | 2012.04.23 22:35

こんばんは、Suzukiヒルビリーって画像検索で確認しました。funsaiさんの動画でもこのギーターの演奏が多かったですね。ヘッドの模様がとても印象的で素敵です。Yamaha,Suzukiといえばギターなのかバイクなのか? 私が高校時代持っていたギターはソーセージみたいな名前の「マルハ」でした。

アメリカンってイージーライダーの4サイクルエンジンのあれですか? ちなみに私が20代に乗っていたバイクはカワサキAR50でした。時速90kmもスピードが出たんですよ。

投稿: face@funsaiさん | 2012.04.24 22:25

「マルハ」というギターは知りませんでした。
私が最初に弾いたのは兄の「ホタカ」でした。
ほとんど丸棒の1面を削ったような形状のネックで、私の親指で6弦を押さえる弾き方はこのネックのせいかもしれません。

AR50という名前に聞き覚えがあります。
昔はバイク雑誌を穴が開くほど見てましたから。
アメリカンタイプって、あのドッカって座るタイプのあれです。

投稿: funsai | 2012.04.26 10:27

ハンドルが後ろへ引っ張られてるやつですよね。

投稿: face@funsaiさん | 2012.05.01 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mimi and Richard Farina | トップページ | 今宵はインストゥルメンタルで »