« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.24

Sweet is The Melody

久々にアイリス・ディメントを聞きたくなりました。YouTubeの本家が埋め込みコード不可なのが残念です。こちらのアゼリン・デビソンのこのバージョンも好きです。

| | コメント (0)

2012.04.19

何度聞いてもいい歌はいいです


夏が近づくと山です。まだ春になったばかりというのに。人生は、旅、山です。なぜって、そこには思い出の秘め事があるからですよね。カントリーミュージックは一見、お気楽なイメージがありますが、その詩は実は栄光とは反対の失恋や挫折の気持ちが込められてるんですよね。なにしろ自分の気持ちをお墓まで持っていき「あなたの仕打ちを顧みてほしい」なんて恨み言をいうんですから! この曲はそこまではいきませんが、胸が熱くなる部分がありますね。聞くところによると原曲はアメリカントラディッショナルとか?

| | コメント (0)

2012.04.17

今宵はインストゥルメンタルで


こういうのをラグっていうんでしょうか? チェット・アトキンスの指の動きがツーフィンガーに見えますね。なぎらさんがいうように、やはり、親指が2弦まで出ていくんでしょうか? Leo Kottke and Doc Watson とのアンサンブルが素晴らしいです。

| | コメント (0)

2012.04.16

こちらもPack Up Your Sorrowsです。


ギターもいいじゃありませんか!

| | コメント (12)

Mimi and Richard Farina

Mimi and Richard FarinaといえばPack Up Your Sorrows。リチャードのダルシマーと二人の歌声が新鮮です。ミミがバエズの妹、というのを何年か前にYoutubeで知りました。ニューポート・フォーク・フェスティバルの写真がありますね。
そう言えば、今日は渡さんの命日。

| | コメント (0)

2012.04.14

ミミ・ファリーナ&トム・ヤンス


静かな曲で、じっくり聞くといいですね。映画の主題歌とかなんですかね? 「偉大な白い馬」でよろしいんでしょうか。

| | コメント (2)

2012.04.06

こんなのもあります。

Saigai


| | コメント (0)

2012.04.05

こんなのはどうでしょうか

Kennpou


| | コメント (0)

2012.04.02

The Lovell Sistersです。

伝統的なカントリーではありませんね。
俗だと思う人がいるかもしれませんが,
新しい音楽だと私は思います。
いい感じでドブロ
が泣いてます。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »