« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.31

フォークロア

回帰への衝動

フォークロア
そしてそれを求める放浪
文明への批判

ふたつの相容れない方向

同化と
アイデンティティ

自然の中に見いだす歓びは

ミュージシャンの指先と

シンガーの喉元に宿るもの

それは手法でありソウル

それぞれのソウルたち

正しいところへ回帰して

主要な脈動を感じよう

そして

クロイチゴの花の香とともに

永遠の一瞬を共有しよう

| | コメント (0)

2012.03.18

3者面談


息子の進路について、担任の先生と初めて会ってきました。若くてスリムでハンサムで優しそうな先生でした。専門は体育という事でしたが、進学について詳しく、丁寧に教えてくださいました。3者面談に出席するのは、初めての事なので少し緊張しました。指定校推薦というのがあって、そういうのをやたら勧めるのはなぜだろうと思ってたのですが、先生と話をして進学校ではないという事を教えてもらい納得しました。今頃、そんな事も分ってなかったということに恥ずかしい思いをしました。さぞ変な親だろうなと思われてるに違いありません。

| | コメント (0)

2012.03.10

ブルース


ディキンソンの詩ですね。
ギターが上手いです。
しんみりしてますけど、
心に染みわたるよい歌だと思います。
「ちいさなこと」「つまらないこと」
とは思いつつのめりこんでしまうのが…。
『日本に来た外国詩』は、
渡さんのなかでは一番のアルバムだと思います。

| | コメント (0)

2012.03.07

男らしいてわかるかい


Kinou


| | コメント (0)

2012.03.06

サルビアの花

Sarubia

| | コメント (0)

2012.03.05

世界中が声を潜めるこの夜に!


Agemasu


| | コメント (0)

2012.03.04

我が祖国


ウッディーガスリーのオリジナルは珍しいかもしれませんね。先週、金曜日にメンタルケアに行ってきました。ここのところ気分が落ち込んでいて、ひどくならないうちにと思って、お医者さんに行ってきました。8年くらいまえにもこんな事がありましたが、病院へ行くのは、前よりそんなハードルが高くありませんでした。精神安定剤を一カ月分処方されまして、それを飲んで3日たちます。眠くなりますが、気分が落ちこむ事はなくなりました。原因は、自分の中でははっきりしてるんです。

| | コメント (2)

2012.03.02

どっかで聞いたことがあるような? 「When The World's On Fire 」


カーターファミリーを聞いてると、「どっかで聞いた事があるぞっ」て思うんですよね。「Wildwood Flower」のときは、渡さんが歌ってるあの歌だと気付き驚喜しました。今度はこの歌、どっかで聞いたことあるような、「ユアマイサンシャイン」にも似てるし、スメタナの方ではなくて、ウッディ・ガスリーの「我が祖国」にも似てますね。

| | コメント (0)

装丁してみました

Souseki
比較的、満足のいく出来です。

| | コメント (0)

2012.03.01

カーターファミリー


カーターファミリーと言えば「Wildwood Flower」ですが、他にも好きな曲があります。この曲もそうです。私はクリスチャンではありませんが、「ジーザス」という言葉が聞こえます。低音でメロディを弾いて、高音が伴奏というやり方が、カーターファミリーピッキングで、当時としては画期的な演奏法として語り継がれてますよね。動画で見るとその辺はツーフィンガーでマザーが一生懸命弾いてるのが印象的です。日本でもその辺のテクを学んだ人たちがフォークソングの礎を築いたような…。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »