« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.10.16

グロイーングアップ2 ゴーイングステディ


そういえば、こんな映画もありました。劇場では見ませんでしたが、昔TVで何回かやってましたね。アメリカ映画だとばっかり思ってましたが、イスラエルの映画だったのが意外です。お気に入りの場面は、青春映画によくあるように主人公・ベンジーがヒロインのタミーに出会って、惹かれていく場面。確か、図書館でりんごやピーマンをかじって彼女を笑わせながら、デートを申し込むんですよね。彼女が紙に「O.K」と書いて、微笑むシーンがグッときます。オールデイズ、デビー・レイノルズの「タミー」がBGMで使われてて、うっとりします。DVDが発売されてたら欲しいんですが、調べても分りませんでした。ヒロインのイヴォンヌ・ミカエルは可愛かったですね。調べましたがこの映画の他には出てないみたいです。どなかた彼女の情報がありましたら、求めます。この映画、私のお気に入りにしっかり入れておきます。

| | コメント (0)

2011.10.15

超大ショック

この3年間で一番ともいえる事件が起きました。植えてから大事に大事に育てていたクレマチスの枝を自分自身で、な、なんと、チョッキリ切ってしまいました。あ〜あ。我が娘を自らの手で殺してしまったような悲しみ…(実際は息子しかいないのですが)。昨日、仕事で、書籍のカバーデザインが没にされて、腐っていて、庭の手入れなどして気持ちを入れ替えようと思ってたんです。そんな時に限って、こんな事が…。
Tyokkinn
 この間の台風でサポートが折れてしまい、なんとかしたいと思ってました。先週はモッコウバラを剪定しながら、いい具合にサポートに結わえました。そんな流れで、昨日の仕事の嫌な思いを癒そうと思って午前6時から作業に取りかかっていたところ。いい感じに仕上がって、根元の雑草が気になりし、剪定ばさみでチョキチョキやり始めました。そのとき、なにやら手強い手応えを感じてしまいました。
よく根元を見ると、なぜ茎が2本あるんだろう? 信じられないというか、幻覚を見ている感じでした。
実は1年前にも同じ事をやり、もしかして、今回も……。後の祭りでした。来年の櫻が咲く頃には、3年目の白いクレマチスアーマンディーの白い花が咲く予定でした。2年半も育てた娘を事故で亡くすようそんな親の気分です。しかも自らのこの手で。なんて馬鹿なことを……。超大ショックです。癒す為に、昼からワインを飲んで酔っぱらってしまいました。
Wagakokurematisu
こんなに育ってたんですよ! いや〜参りました。でもまだ、3本のクレマチスが健在です。それが唯一の救い。皆さん! なんかいい解決策はありませんか?


| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »