« 灯台から | トップページ | 言葉少なに語る »

2010.10.30

猿捕茨

年 に何回か、辻邦生さんの『花のレクイエム』が読みたくなる。特に3月のすみれ、7月百合、8月向日葵、が好きです。読む度に分らないのが、11 月猿捕茨。女性の気まぐれな思い出としてまつわる話が三つ続いた後、落とし所が「恋捕茨」。起承転結の意外性というセンスを問う? という事でしょうか?

|

« 灯台から | トップページ | 言葉少なに語る »

コメント

すばらしいと思いますわ。

投稿: トリー バーチ | 2010.11.04 12:36

どうも。

投稿: face(トリー バーチさんへ) | 2010.11.04 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯台から | トップページ | 言葉少なに語る »