« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.30

無題

Aaa

続きを読む "無題"

| | コメント (0)

2010.06.27

その後のズッキーニ

とりあえず、アップした以上、その後の報告。
まあ、だれも興味ないか。
Zukizuki2


| | コメント (2)

名もない野の花のほうが美しい 名もない野の花のほうが 価値がある これ以上言うと 相田みつをさんになってしまう

Namonai

Nejineji

続きを読む "名もない野の花のほうが美しい 名もない野の花のほうが 価値がある これ以上言うと 相田みつをさんになってしまう"

| | コメント (2)

2010.06.21

あたらしい歌や音や楽器たち

こうゆうの好きだな!

| | コメント (0)

2010.06.19

わ〜たしに人生といえるものがあるなら きらめく草の葉に心がはずみ 野に咲く花に心が通う

アメリカ民謡に笠木透さんが詩をつけました。
歌声喫茶?
山?
ちょっと遅れて来た世代だけど
高石友也とナターシャセブンさんでヒットしました?

わたしが好きな部分は
いちばんぐっとくる部分は
きらめく草の葉に心が弾み
野に咲く花に心が通う。

ここでしょう。

あなたと過ごしたあの夏の日々
なのにあなたはなぜか消えてしまった。
村上春樹の小説ように。
涙がでます。

| | コメント (0)

2010.06.17

暑いね 雨だね 嬉しかろうね

Tuyutuyu

暑いね 暑いね 
ああ 雨が 降ってきたね
もうすぐ 雲の上だね

雲の上は いいよね
おまえは ずぶん自由だね
なのに どこが そんに 切ないのだろうか

その長い 反対のしっぽかね
だったら そんなもの とっちまったら
いや それを とってしまったら
なにもかもだね

| | コメント (0)

2010.06.16

花は花を伝承する(百合が咲きました)

Yuriyuri

次に収まろうとする線があり
型があり
くせがあり
その線はまた次の線を要求する

花の内側には花があり
それらの花びらは
複合的に自らになり
見えない花びらが
次の刹那を形成し
発見されるのを
ただひたすら待っていた

闘いと死の矛盾のなかで
花は花を伝承する

| | コメント (0)

2010.06.15

ズッキーニを直植えしました

Zukkini

ズッキーニってあんまり見たことないので、どんなかなと思ってたら、芽がキュウリやゴーヤに似ていることに気づきました。種から育てたんどすえ。なんや外人さんの子ども育ててる感じ!

| | コメント (2)

2010.06.07

三人三様の「芭蕉布」

誰の歌が好きですか? 
今は昔
諸行無常
栄枯盛衰
21世紀のフォークロア(民間伝承)として
いったいいくつの歌が
新たに伝承されて
いくのだろう

| | コメント (0)

2010.06.03

ウクレレで聴く芭蕉布


歌詞も素敵なこの“芭蕉布”。今日はハワイアンテイストのインストゥルメンタルで聴きましょう。いろいいろバリエーションがあるのも名曲の証かもしれません。波の音が聞こえてきそう! 変奏がスバラシイです。

| | コメント (0)

2010.06.02

芭蕉布いろいろ

作曲家の普久原恒勇さんは沖縄のフォスターと呼ばれていたらしい。そんな昔ではないときに生まれた、遠い南の国のフォークソング。リミさんの伸びやかな歌声が切なく胸をかきむしります。3番の“芭蕉布う〜ぅ”とのばすところが一番好きです。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »