« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.31

これが本物のアイリッシュミュージックって感じ

jenna・ReidとJulie Fowlisはお友達らしいね。
美しいトラディッショナルな旋律ですね。
ジュリー・ファウリスとジェンナ・レイドの組み合わせは最強です。
音が詩ですね。

ミュージシャンの指先とシンガーの喉元に宿るもの

回帰への衝動
フォークロア
そしてそれを求める放浪
文明への批判
ふたつの相容れない方向
同化と
アイデンティティ

自然の中に見いだす歓びは
ミュージシャンの指先と
シンガーの喉元に宿るもの
それは手法でありソウル
それぞれのソウルたち
正しいところへ回帰して
主要な脈動を感じよう
そして
クロイチゴの花の香とともに
永遠の一瞬を共有しよう

| | コメント (0)

2010.03.30

Jenna Reidのワルツ

心が洗われます。
Aly Bainのフィドルやギターの
アンサンブルも素敵ですね。

| | コメント (0)

大西洋横断セッション Reelをもうひとつ


アルタンの彼女も参加してる。フィドル、フィドル、フィドル。それぞれみんな違うね。

| | コメント (0)

2010.03.29

大西洋横断のセッション

大西洋横断のセッション。豪華キャスト勢揃い! 特にjenna・Reidがいいですね。

| | コメント (0)

2010.03.28

バンジョーで寄り添う

かなしいあなたに
バンジョーで寄り添う
どこにかなしみがある?
どこにもないよ

寄り添うその
気持ちが
バンジョーに寄り添う
そのものが報酬

そうやって
歌はうまれる

世界中が悲しみの
洪水に沈みかけてるこの夜に!

| | コメント (0)

2010.03.27

首にベルトを巻いた女の人が好きです。

ラファエル前派みたいなイメージだけど
どんなジャンルの音楽だろうか。
歌があるらしいけど、
インストルメンタルではじめて聴く人にとっては、
……。

首にベルトを巻いた
女の人が好きです。

| | コメント (0)

2010.03.25

皆に嫌わてるカラスも

歌になるんだね。

| | コメント (0)

2010.03.24

確かにケルト風

フィドルが入るあたりから、
確かにケルト風。

| | コメント (0)

2010.03.23

鍵盤ハーモニカの

ねきねきさんです。

| | コメント (0)

2010.03.11

そんな風に思うときってあるよね。

ちょっと前はそんな感じだったかな!
今は全くその逆。
ちょっとしたコツだね。
シフト。

| | コメント (1)

2010.03.10

笛はうたう

楽しそうだな。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »