« 腹とれば(秋の夜の会話)… | トップページ | バッタ屋で500円で買ったようなギターの最高に切ない演奏をバックに歌うマキさんの歌へのオマージュ »

2010.02.15

夕暮れではなく夕焼けです

宮武希さんのバージョン、
渡さん本人のバージョンもあるけど、
今回はこの人のバージョンです。

皆さんも私と年が近いなら、
教科書でおなじみですよね、
この詩。
黒田三郎さんではなくて
吉野弘さんの詩です。

|

« 腹とれば(秋の夜の会話)… | トップページ | バッタ屋で500円で買ったようなギターの最高に切ない演奏をバックに歌うマキさんの歌へのオマージュ »

コメント

おはようございます!
詩の世界を歌で聴く、不思議な感じです。
「夕焼け」、教科書で読みました。
それで吉野弘さんの詩を好きになりました。
現代詩文庫を買って読んで、
一番心に残っている詩は「I was born」です。
十代の頃読んで何を自分は思ったのか。
今読むとまた新しいです。

こんなふうに詩人の詩を歌にしている人たちがたくさんいるんですね。連鎖。
faceさんが教えてくれないと知らなかったです。
いいなあ~ ではまた!

投稿: chiiko | 2010.02.23 07:29

どうも、こんばんはchiikoさん。
最近では、この歌
カラオケでもあるんですよ。
普通のカラオケやさんではないかもしれませんが、たまにあるところにはあるんです。一度だけ歌ったことがあります。
気持ちよかったな〜。 この人も
気持ち良さげにうたってますもんね。

「I was born」ですね。
勉強不足で知りませんでした。
早速調べて読んでみますね!

最近、「花のレクイエム」をまた読んでます。何度読んでもいいですね。
あらためて読んでみると、
これがまた、ひっかかるものが
読み始めた当初とは違うんですね、これがまた。
今回心に残ったものは、いちばんは
「猿捕茨」でした。
でもオチというか意味が今ひとつ
理解できないんです。なのに惹かれます。教えて〜chiikoさん。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2010.02.23 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腹とれば(秋の夜の会話)… | トップページ | バッタ屋で500円で買ったようなギターの最高に切ない演奏をバックに歌うマキさんの歌へのオマージュ »