« 魑魅魍魎の世界を白日の下にさらす | トップページ | 小さなマムシ出現か? »

2009.10.02

さすが生き物、芝生にキノコ。

あとは毎日水やりをしっかりやるだけと思っていた。成長しているのか、していないのか、芝そのものの変化はわずかなのに一晩もすると3センチほどの可愛いらしい雑草の双葉がちらほら出てきた。指でつまむとスッと簡単に抜けるので気にもしてなかった。ところが1週間も過ぎると、手で抜くにはちょっと厄介なくらい無数に出てきた。除草剤を使おうかなと思うくらいに、芝と芝の間の目土や乾燥を防ぐために塞いだ端っこの目土にみっちりと生えてきた。いったい何処からやってきたのか、そこまで生えるか小さな宇宙人なんてナメてると、いつの間にか庭全体に広がって収集がつかなくなる。一本一本丁寧に抜くしかない。しかも目をこらしてよく見ると、なんとキノコまで生えている。あとで調べたのだが、肥料をやりすぎると出てくるあった。おそらくメーカーさんが作成にあたって菌がまぎれたのだろう、芝生にキノコなんて聞いたことないし、ギョッとしてしまった。しかもさらに悪いことにモグラが潜ったあとまである。穴にナフタリンを入れ、踏み固めてもとに戻したのだが、う〜ん毎日何もなさそうでいろんなことがあるもんだ。相手はさすがに生き物、思った通りにはいかぬもの。ガーデニングって、人間の勝手な欲望で生物の生態系を変えていることなんじゃないか? とマイナスなことも考えたり、目に見える部分はほんの少しずつ確実に変化はして、その何倍も根など見えない部分も変化しているのだろうなとは思う。どうやって雑草対策を講じるか、寝ても覚めてもそのことばかり考えている。

|

« 魑魅魍魎の世界を白日の下にさらす | トップページ | 小さなマムシ出現か? »

コメント

生き物って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのponnta | 2009.10.03 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魑魅魍魎の世界を白日の下にさらす | トップページ | 小さなマムシ出現か? »