« アロー・ガスリーとエミルー・ハリス | トップページ | こまっちまうな! »

2009.05.22

『Deportee』追放されし者たち

もとはウッディ・ガスリー。
メキシコから来た季節労働者をうたった歌で、
1948年、強制送還された飛行機が墜落した事件を
取り上げたティピカルソングらしい。
ディランの目をつぶって歌う姿が印象的。
「さよなら、わたしのホァン、さようなら、ロザリータ
アディオス、わが友、イエス様にマリア様」

|

« アロー・ガスリーとエミルー・ハリス | トップページ | こまっちまうな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロー・ガスリーとエミルー・ハリス | トップページ | こまっちまうな! »