« 笛 | トップページ | ミュージシャンの指先とシンガーの喉元に宿るもの »

2008.07.06

素晴らしいセッション、特に笛とフィドルと歌とブズーキ


後半の演奏者達の息はぴったりだ。気持の良いセッション。圧巻。ああ、自分もミュージシャンに生まれたかった。

|

« 笛 | トップページ | ミュージシャンの指先とシンガーの喉元に宿るもの »

コメント

な〜んちゃって通信
あれやこれやのなんでもあり

楽しく拝見しています。

ずっと前の内容で、ブックデザイナーの渡辺和雄氏がお気に入りとかで、あらら、私も同じって思って親しみを感じたりしました。
ちなみに年代も同じです。

では、また。

投稿: momo | 2008.08.12 12:02

初めまして?
ようこそいらっしゃいませ。
どうもありがとうございます。

渡辺和雄さんには1回ですが
メールいただいたことがあるんですよ。

こちらからも伺いたいんですが、
アドレスかURLいれておいていただくと
うれしいです。
今日より夏休みで、しばらく留守にするんですが、帰ってきたらまた…。

投稿: face(momoさんへ) | 2008.08.12 22:12

渡辺でございます。
ありがとうございます。

投稿: Kazuo Watanabe | 2008.12.19 23:49

え! もしかして、
本物の渡辺様でいらっしゃいますか?
感激です。
多分、覚えていらっしゃらないかもしれませんが、『白い牙』の装丁のことで
山本容子さんとのコラボレーションの
お仕事のことで、メールさしあげて、
そのことで思わぬご返事をいただいたことが
ありました。その節はありがとうございました。その後、わたしも少し装丁などを手がけられるようになりました。まだ10冊くらいでけど。またなにかアドバイスいただけるとありがたいです。尊敬する渡辺さまへ。

投稿: face(Kazuo Watanabeさまへ) | 2008.12.20 00:35

はい、ホンモノであります。
私でアドバイスできることがあればよいのですが。。
それより充実のブログ、感服いたしました。
いつか装丁のお仕事など拝見できれば幸いです。

投稿: Kazuo Watanabe | 2008.12.21 22:59

いや〜 恐縮です。
すこし褒められたんですかね〜。
いやはや〜 おはずかしい限りです。

社交辞令でおっしゃっていただいてるのは
わかってるんですが、
あえてお言葉に甘えまして、
近々ブログでお披露目いたしたいと思います。
ご迷惑でなければいいのですが……。

投稿: face(Kazuo Watanabeさまへ) | 2008.12.22 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笛 | トップページ | ミュージシャンの指先とシンガーの喉元に宿るもの »