« 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ | トップページ | エミルー・ハリス、メアリー・ブラックそしてアイリス・ディメントのスーパーセッション »

2008.06.02

二つの『Green Rolling Hills』

最近、エミルー・ハリスにはまっている。きっかけはチーフタンスの『アナザーカントリー』の『Nobody's Darling But Mine』を聴いてからだ。それがYou Tubeで映像とともに音が聴けるので参ってしまった。興味のある方はこちら。。その他、アメリカのフォークソングを特集した『Folkways/ A Vision Shared-A Tribute To Woody Guthrie And Leadbelly』というアルバムには『Hobo's Lullaby』が入っている。これは古川豪さんの歌で聴いて知っていた。そしてクラシックの名曲でもある『Plaisir d'Amour』なんかがエミルハリスの歌ではすごく良いと思う。そしてこの曲『Green rolling hills』もしっとりして良い曲ではないか、メアリーブラックといっしょに、ニコリともしないで歌ってる姿に共感するものがある。もともとはこんな曲なんだ、ともっとカントリーっぽいバージョンはこちら、とこうなる。こちらも捨てがたい魅力があるのだ。最近はこの二つの『Green Rolling Hills』にこころ癒される日々である。カントリーフェチではないので、この曲がカントリーのスタンダードであるかは分からない。カントリーフェチのどなたか教えて! 教えて。

|

« 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ | トップページ | エミルー・ハリス、メアリー・ブラックそしてアイリス・ディメントのスーパーセッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ | トップページ | エミルー・ハリス、メアリー・ブラックそしてアイリス・ディメントのスーパーセッション »