« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.06

『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ

探偵小説と現実の世界がパラレルに進行するうちに、両者がクロスして何が虚なのか実なのか分からなくなる。複雑に絡まった物語を作者はどうまとめようとするのだろうか? 最後はここにその理由があったのかというような素晴らしいまとめかただった。世界にはいろんな考え方があり、その一つ一つに自分を会わせることは不可能であるということ。いったん世界のささやきに自分のチャンネルを合わせると常にそれを続けないと不安になってしまうこと。そんな不安とすべての人は抱えているんだということ。そして自分もまたその例外ではないということを感じた。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »