« 『年輪・歯車』に思う | トップページ | 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ »

2008.04.27

『Little DJ』を観てみた

『Little DJ』という映画のDVDを借りて観た。映画には白血病が付き物みたいに、またかという感じでたいした期待感も無しに観たのだが、どうしてなかなかシンプルで良かった。最後に、主人公は決まり切ったように白血病で死んでしまう。人に想いを伝えることの大事さを、この映画はシンプルにそして見事に伝えていたと思う。
実は主人公と同じく僕もその年代を、地方の病院で過ごし、ラジオのDJに病院から電話でリクエストをしていた。本当に完治するのだろうか? という不安をかかえながらも同じ年代の入院患者たちと過ごした何か月間。やることといえば、ラジオを聴くことぐらい。そして、楽しみは自分の名前が読み上げられ、お気に入りの曲がラジオから流れること。それがささやかな楽しみだった。
この映画によって、あの頃のことがフラッシュバックされた。神木隆之介君のピュアな感じと福田麻由子さんの笑顔のキャスティングも良かった。観る人によっては、「セカチュウ」に似てるとかよくある話。なんて思う人がいるかもしれが、僕は素直に良い映画だったと思う。

|

« 『年輪・歯車』に思う | トップページ | 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ »

コメント

faceさま、大変ご無沙汰しております
先日は私のブログにコメント下さりありがとうございました
お返しにこんな前の記事にコメントしたり(^^;;
faceさまも幼少の頃は病弱であられたのですか
でも利発そうなお子様(もちろんステキな奥様にも)にも恵まれてお幸せですね
家の娘はいろいろあって、家庭を持つことまでは望んではおりませんが、
もう少し外の人間関係も楽しめるようにいいお友達ができたらいいのにと思います
まぁ究極的には”生きてさえいれば”なんですけどね

映画の感想になっていなくて申し訳ありませんcoldsweats01
またゆっくり音楽聞かせていただきに伺いますね^^

投稿: キャサリン♪ | 2008.11.12 19:37

こんにちは。
そうとは知らずに
失礼なコメントばっかりで、
すみません。

自分の場合は、
中学のとき腎臓を患って
4ヶ月くらい入院してました。
その後はおかげさまで
たいした病気はしてません。

そういう意味では幸せかもしれませんが、
利発な息子でもないし、
ステキ? かな〜(笑)
のカミさんもいることはいるんですが…。
そういうことではなくて、
キャサリンさんがそれでも
必死に生きていらっしゃる姿に
共感するし、そんななかに幸せが
あるのでは?
なんてことが、素直に伝わってくる文章でした。
娘さんには、きっとそんな
キャサリンさんの愛情が伝わっているとおもいます。
それが娘さんにとってのなによりの
宝になるのではないでしょうか。
こちらこそありがとう。

投稿: face(キャサリンさんへ) | 2008.11.13 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『年輪・歯車』に思う | トップページ | 『オキーフの恋人 オズワルドの追憶』を読んだ »