« 遠山先生 | トップページ | 北京再び »

2007.08.10

内モンゴル自治区の市場

Itiba1
活気あふれる市場を見学するのは楽しい

Suikanoyama
スイカの山、日本のスイカとたいして変わりない

Itiba2_2
右側のお姉さんはモンゴル放送局のアナウンサー。我々を取材するために一緒について回っている。実はお姉さんではなくりっぱな奥様。モンゴル人ではなく漢民族らしい。次の日、モンゴル自治区のTVに、我々の植林活動がしっかりとオンエアーされたらしい。赤い袋に入ったハミウリを東京まで持ち帰って食べたら、おいしかった

Itiba3
いかにも、「モンゴル人でございます」といったルックス。笑顔でカメラに収まってくれた

Itiba4
今時、竿秤で量り売りをしている。分銅が懐かしい雰囲気を醸し出している

Itiba5
ラーメンみたいなものを食べていたおばさん。カメラを向けるとアハハと笑って照れている。我々にもどうぞと同じ食べものを勧めるてくれる。人なっつこいおばさんだった

Itiba6
なんと読むんでしょうか? 中国語が堪能などなたか教えて!

|

« 遠山先生 | トップページ | 北京再び »

コメント

こんばんは!
市場で垣間見るモンゴルの人々の暮らし。
こういう地元の方との交流、いいですね。
ハミウリとは、どんな食材なんですか?

投稿: ぽっかぽか | 2007.08.10 23:28

こんばんは〜。
市場の地元の人たちとの交流が楽しかったです。
ハミウリは3500gの分銅と
一緒に写ってる黄色いメロンです。
日本でいえばさしずめ
夕張メロンといったところでしょうか。
結構おいしかったです。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2007.08.11 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠山先生 | トップページ | 北京再び »