« 北京の夜 | トップページ | 北京の親子と柳(サリー) »

2007.07.18

北京の朝

Pejin_asa1_1
一夜明け、ホテルの食事を済ませ近くを散歩してみた。見るもの全てが物珍しく、なんでもかんでもカメラに収めてみたくてしょうがない。ここの大通りでは柳・サリーが美しく揺れていた。そして通勤している女性の髪も、な〜んちゃって。


|

« 北京の夜 | トップページ | 北京の親子と柳(サリー) »

コメント

お帰りなさい!faceさん。

北京のネオンから始って、朝の風景。
写真を見ながら、まだ行った事がない土地の雰囲気を
想像しながら拝見しています。

この柳の通り 美しいですね。

投稿: ぽっかぽか | 2007.07.18 22:14

ただいまです、ぽっかぽかさん。
なんとか無事で帰って来られました。
そして帰って来たら日本では地震が…。
びっくりしました。
お見舞い申し上げます。

この通りは、二十一世紀飯店というホテルの前の大通りです。
そのホテルは、元中曽根首相が日中青年友好のために建てたもので、
日本の有名な建築家・黒川 紀章さんの設計によるものです。
通りを挟んで向い側には日本大使の公邸があり、
ホテルやオフィスビルが並び、通勤で道路は賑わっています。
その界隈を、見るのも珍しくわくわくしながら散歩をしました。
中国では、飯店とか酒店とかというのがホテルらしいです。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2007.07.18 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北京の夜 | トップページ | 北京の親子と柳(サリー) »