« どこにでもあるあじさいの庭 | トップページ | タヌキの一家がまたくるようになった »

2007.06.28

ギーターが欲しくなった

Guiter100

夜な夜な you tube を聞いてる。
今日は、CSN&Y の Teach Your Children を聞いた。

中学のときみた小さな恋のメロディを思い出した。
そしてギターが欲しくなった。
あの頃買ったのはマルハの箱形ギター。
マーチンDなんとかに似たよくある形だ。
音はと言えば う〜ん やはり1万円分の音だ。
J-200の胴がくびれたのもかっこいいと思った。
県庁がある中心の街にある楽器屋さんに行った。
そこに細長のヤマハのギターがあった。
ジョーン・バエズとかが持っていたあまり見ない形、
それを手に取って弾いてみると音量が多く
やさしい音がした。
すこし高額だった。
結局それをあきらめ、1万円のにした。
あのギターはどこへいったのだろう、今はもう記憶に無い。

CSN&Yの演奏をみているうちに、無性にギターが欲しくなった。
今思うと、あのヤマハが欲しい。

|

« どこにでもあるあじさいの庭 | トップページ | タヌキの一家がまたくるようになった »

コメント

おはようございます!
懐かしのギター。兄がギターを持っていて私も見よう見まねで弾こうとしたけど、手の大きさが何となく合わなくて断念しました。
ギターはもうどれも手元にないのによく覚えているんですね。
この絵、ギターの雰囲気と気持ちが伝わってきます。
こんな感じの絵日記とかをつけていたんですか。
明日は七夕ですね。よい週末を!

投稿: chiiko | 2007.07.06 05:41

こんばんは〜 chiikoさん。
chiikoさんもギターを弾こうとされたことがあるんですね。
ガットギターだんたんですかね、
たしかにあれは女性の小さな繊細な手にはすこし
あまるかな〜と。
でも音楽的には、コードとか音階とかを理解されてたんですよね。
それにくらべ、自分の場合は意味もわからず
弾いてったっていう感じで、ストーロークなんかでも
歌に合ってなかったり、まるっきりだめでした。
それでも、ギター持ってて歌ってる人に憧れて憧れて…。
来世こそはフォークシンガーになって生まれてくるぞ、
と思ってるんです。

イラストをフリマで出店して、全然反応がなくて、
それですっかり自信無くして、そんなこんなで
このブログ自体もちょっとっていう感じになって来て、
しかしながらまた、思い出したようにちょっとマウスで
書いてみようかななんておもったり、
そんなこんなで書いてみたんですよ〜。
また、気がむき出したら、
描こうとおもってます。
まあ、あんな程度の絵なので
あんまり期待しないでくださいね。
でも、そんなことを繰り返しながら
絵を描くことを続けて来たんです。

投稿: (chiikoさんへ) | 2007.07.06 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこにでもあるあじさいの庭 | トップページ | タヌキの一家がまたくるようになった »