« 木漏れ日 | トップページ | 秘密の花園 カモミールの道 »

2007.05.25

『星の王子様』を読んでみる

かなり前だったか、好きだった女性が
『星の王子様』が大好きだと聞いたので、
読んでみようと思って読んでみたのが最初だった。
その時に、「どうっだった?」と聞かれて、
「面白かった」と言ったら、
「簡単にそんな風にいわないでよ!」
と言われた。それで、だいぶ傷ついたことを覚えている。
おそらくその人は、かなりな思い入れがあったのだろう。
それから、たしかもう一回読み直したような気がする。
あれから数十年、テグジュペリの著作権が切れて、
最近、何人かの人の訳で何冊か出版されてブームになっている。
今回は、池澤夏樹の訳で読んでみた。
今回で多分3回目? かな?
感想は?
今回の感想は?
なんか深いようで、なにかのことをいってるような?
でもほんとのところなにいってんだろう?
またも読む側の頭の良し悪し、
性格のより悪し、
が感想を言うことによって
それが如実にバレてしまうんだよな〜
てな感じかな。

偶然なんの符号か、職場の後ろに席に座ってる
先輩に、「○○さんはテグジュペリ好きですか?」
なんていわれ、「そうゆうのが好きなのかと思って」
なんて言われた。
そんなこんなこともあって、
急にテグジュペリが読みたくなって、
HPなんか検索したら、松岡正剛さんかなんかの
『千夜千冊』の『夜間飛行』の書評読んでみたのだが、
それがまた面白い。
その他、『人間の土地』が素晴らしい本だのなんだの、
いろんなサイトがいいことを言っているではないか。
あ〜これはもう、読むしかない。
でも悩むのは、『夜間飛行』と『人間の土地』の
どっちを先に読むかだ!

|

« 木漏れ日 | トップページ | 秘密の花園 カモミールの道 »

コメント

確かに女性は「星の王子様」好きが多いかもしれませんね~私は、買ってあるのにもう何年もほったらかしにしてますが・・・

投稿: ペコラ | 2007.05.25 21:00

はじめまして〜 ペコラさん。
まだ、訳者のあとがきを
読んでないのですが、
なんとなく、繊細な
そしてピュアなイメージは
ありますが、
はたして本当のところ
何を言いたいんでしょう?

投稿: face(ペコラさんへ) | 2007.05.25 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木漏れ日 | トップページ | 秘密の花園 カモミールの道 »