« 窓 | トップページ | 『イメージのうた』と『あれは春だったね』とボブ・ディラン »

2007.04.07

ボブ・ディランなんて知らない

ディランといえば『くよくよするな』『風に吹かれて』くらいしか知らなかった。しかもピーター・ポール&マリーやマリーラフォレ、ジョーンバエズといった人のカバー曲で聴いたのが最初だった。その後、岡林や高石ともやや高田渡や友部正人といった人たちの歌を聴くようになって、ディランの名前は僕の中で大きくなっていった。彼がどんなにいろんな人に影響を与えたか、まわりから聴くたびにどんな人なのだろうと興味を持った。特に友部正人の歌に「♪ボブ・ディランなんて知らない  流氷は角度のない水になった」なんて曲だったか、歌にまで登場する。 そしてラジオの深夜番組ではじめて彼のもと歌『くよくよするな』『風に吹かれて』を聴いたのだった。すごいダミ声だったが、確かにつたわってくるものがあった。とくに『くよくよするな』は不安定な思春期の心を慰めるものがあった。テープに録って何度も何度も聴いた。そして音楽雑誌でみる彼の写真、たいがいは胸にあのハーモニカホルダをぶらさげていたり、へんな奇妙な帽子をかぶっていたり、四角いアゴが目立つりりしいハンサムでかっこ良かった。その後、サウンドがエレクトリックなほうに移ってから、ほとんど彼の曲を聴かなかった。まさに、「ボブ・ディランなんて知らない」だ「ディランII」はかろうじて聴いていたけれども!!

|

« 窓 | トップページ | 『イメージのうた』と『あれは春だったね』とボブ・ディラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/14594538

この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディランなんて知らない:

« 窓 | トップページ | 『イメージのうた』と『あれは春だったね』とボブ・ディラン »