« ボブ・ディランなんて知らない | トップページ | 『ロング・グッッドバイ』を読んでみた »

2007.04.07

『イメージのうた』と『あれは春だったね』とボブ・ディラン

拓郎の『イメージのうた』『あれは春だったね』なんか好きで良く聴いた。拓郎もかっこ良かった。特に自分にとって思い出のアルバムはライブ『ともだち』だ。受験勉強しながら、また、田んぼの蛙の声と一緒に良く聴いた。そしてこの年になって、ディランを知り『BLONDE ON BLONDE』を聴いた。ハーモニカホルダを」ぶら下げて歌ってたあのこのろの拓郎とディランが重なった。トロトロしたリズムに乗りネチッコク延々とう歌う『イメージのうた』は似ているわけではないけど、なんとなく『Just Like A Woman』を思い出させるし、『Suck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again』の明るいノリは『あれは春だったね』を思い出させる。『I want you』はなかなかグッドなご機嫌な曲で、ビートルズも想起させる。そういえば、『Rainy Day Woman #12 & 35』はイエローサブマリンに似てるような気がする。まだ数回しか聴いてないけど、この2曲あたりがなんかいい。もっともっと聴き込むと他の曲もよくなるに違いない。カントリーの歌い手・エミルー・ハリスもディランを良く聴いていたらしい。特に彼女にとって『アナザ・サイド・オブ・ボブ・ディラン』は人生を変えた1枚として、短い文章を書いている。ちょっと引用になるが。

彼は、私達の世代の若者が自分の生きる道を探すために手助けをしてくれた。彼は、私達の生の言葉を詩に注ぎ込み、いま何が起きているかを、私達が知りもしなかったことを語った。まだ芽が出るには早かったが、私達には心を揺さぶる“種”があり、ディランは、それを私達に気づかせてくれた。(GQより)

その後、彼女は『欲望』でいっしょにプレイすることになる。その後、彼女のアルバム『レッキング・ボール』を電話で褒めてもらったときには、「一生それで幸せに生きていきていけると思った」とあった。

|

« ボブ・ディランなんて知らない | トップページ | 『ロング・グッッドバイ』を読んでみた »

コメント

 お久しぶりです。
ボブ・ディラン、なつかしいです。
 聞いてみようと、思い出して、よかったです。
こちらに来ると、何かほっとします☆
ありがとうございます。

投稿: MISS-TOMO | 2007.04.13 08:55

こんばんは〜。
お久しぶりです。
お元気でしたか?
いろいろあったみたいで…。

ディランは懐かしい? ですか?
もしかして
このアルバムご存知なんですか?
逆にどんな曲がいいのか、
おすすめなんぞ聞かせてくださ〜い。

ほっとするんなて言っていただいて
光栄です。
こんな自分でも何かの役に立ってますか〜?

投稿: face(MISS-TOMOさんへ) | 2007.04.15 18:30

faceさん,お久しぶりです。

ボブ・ディランを余り聞いていないので,ついていけていませんが,拓郎のなじみの曲名を見て足を止めました,・・・というか,この場をお借りして,お引越しのごあいさつをさせてもらおうと・・・。

先日,下野の国は白河の関のすぐ手前から,上総国分寺のあった所へお引越しをしました。海のない県から,三方を海に囲まれた県に移りましたので,スーパーの魚介類はずっと豊富になりましたが,田舎であることは同じなので,「♪田んぼのカエルは・・・♪」まだ俄然「元気です」。

連休は身辺整理の続きと,久しぶりの帰省(と言っても家族が居る武蔵国分寺址近くへ行くだけですが)で終わりそうです。

投稿: なも | 2007.05.04 05:43

おひさしぶりです、なもさん。
そういえば、なもさんは拓郎のファンだったんですよね。
初期の頃は自分も良く聞きました。
ラジオの深夜番組もね。
今でも興が乗るとギターを出して
歌ったりしますよ。
知ってますか?
フォークジャンボリーのCDだったか
拓郎が加川良をからかってて、
それに高田渡が冗談で、殺してやる拓郎
って言ってるのを?

上総国分寺

投稿: face(なもさんへ) | 2007.05.04 08:26

おはようございます。
おかげさまで、ボブ・ディランをひさびさ聞きました。
感想は、TBします。
>お元気でしたか?
いろいろあったみたいで…。
 パソコンと格闘していました。
 心配おかけしました。

>こんな自分でも何かの役に立ってますか〜?
はい、☆☆良いきっかけを頂きました、それから
>もっともっと聴き込むと他の曲もよくなるに違いない。
あ~~聴き込むのが大切なんだわと勉強になりました。


>おすすめなんぞ聞かせてくださ〜い。
 私は、あんまり曲名とかアルバムの名前も覚えないので、
さ~~~ぱり、わかりません、ごめんなさい。
ただ、当時の<--若かりしころのボブ・ディランは、何か色々な、知らないことを、教えてくれるような、、
哲学のおにーさんのように感じました。

投稿: MISS-TOMO | 2007.05.21 09:21

こんばんは〜MISS-TOMOさん。
最近聞きはじめたので、
たいしたことは言えませんが。
おすすめのアルバムは
『フリーホイーリン』には
有名な『風に吹かれて』や『くよくよするな』が
入っていて癒されます。
ロックのビートを味わいたいなら
『追憶のハイウェイ61』がよいでしょう。
吉田拓郎がお好きなら、『ブロンド・オン・ブロンド』
がおすすめです。
お近くのツタヤに行けばきっとあると思いますよ〜。

投稿: face(MISS-TOMOさんへ) | 2007.05.21 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/14595139

この記事へのトラックバック一覧です: 『イメージのうた』と『あれは春だったね』とボブ・ディラン:

« ボブ・ディランなんて知らない | トップページ | 『ロング・グッッドバイ』を読んでみた »