« ヒップホップダンス | トップページ | 「同胞(はらから)」を見てみた 続き »

2006.11.13

「同胞(はらから)」を見てみた

DVDで「同胞(はらから)」を見てみた。昭和50年(1975年作)だから自分が高校3年生の頃の映画だ。劇場で見たのか、TVで見たのか思い出せないのだけれど、ずいぶん前に一度見た事がある。統一劇場のミュージカル「ふるさと」を岩手の松尾村の青年団が主催して成功をおさめるまでを描く。統一劇場のオルグ役が倍賞千恵子で青年団の会長が寺尾聰だ。なんといっても、何回も何回も協議を重ね、「もし失敗したらどうやって責任を取るんだ」と会員に詰め寄られ、「もし失敗したらオラのベゴ(牛)売る」というシーンが盛り上がる。つづく。

|

« ヒップホップダンス | トップページ | 「同胞(はらから)」を見てみた 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/12674973

この記事へのトラックバック一覧です: 「同胞(はらから)」を見てみた:

« ヒップホップダンス | トップページ | 「同胞(はらから)」を見てみた 続き »