« 『ソーネチカ』を読んでみた | トップページ | 『朗読者』を読んでみた »

2006.10.30

ロシア・アバンギャルド

『ソーネチカ』にフランスから帰国したソ連の反体制芸術家の夫が描かれていた。物語では保守的なリアリズムの作家として描かれていたが、はたして世界的にその時代は、特にロシアではどのような美術が主流を占めていたのだろうか? たまたか今読んでる本が『20世紀の美術』。それによると、20世紀初頭、流れは大きく二つの方向に流れていた。一つはフォービスムから始まる表現主義的潮流、もう一つはキュビズムから始まり、未来派、シュプレマティズム、ロシア構成主義と繋がっていく流れだ。とくにロシアにおいて、その時代の代表的な芸術家はタトリンである。「第3インターナショナル記念塔模型」は螺旋状に上昇していくイメージで、科学技術と芸術とが調和した社会主義の未来の理想を歌い上げた。1929年にトロツキーを追放したスターリンが独裁的な権力を握り、ロシア・アバンギャルドは衰退する。1932年の共産党の決議によって、すべての芸術団体は解散させられ、その後美術は社会主義リアリズムとなって、ロシア・アヴァンギャルドは終わる。

|

« 『ソーネチカ』を読んでみた | トップページ | 『朗読者』を読んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/12492325

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア・アバンギャルド:

« 『ソーネチカ』を読んでみた | トップページ | 『朗読者』を読んでみた »