« 王様の嘆き | トップページ | 判で押したような毎日 »

2006.09.22

王様の読書

王様は読書が好きです。ですが王様はそんなにヒマではありません。こう見えても忙しいんです。王様には王様の仕事があります。それで王様は仕事へいく移動の電車のなかで本を読むことにしました。長編に挑戦中です。いま主人公がサロンに出入りし老ピアニストが作曲したソナタに惹かれてゆくところが描かれています。夢中になって、降りるところを間違えそうになりました。そしてマックフルーリーへ行ってデザートを食べました。
Dokusyo


|

« 王様の嘆き | トップページ | 判で押したような毎日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/11999731

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の読書:

« 王様の嘆き | トップページ | 判で押したような毎日 »