« ブックデザイン3作目 | トップページ | ほほいのほい »

2006.08.03

ジロマジトンド・ジロトンド

Kannpoまずは昨日の続き、もしも↓の拡大写真をご覧になりたい方は←のサムネールをクリックしてね。続いて。懐かしい言葉や呪文、記憶の底からわき上がってくるメロディ。誰にだってそんなモノがあるはずだ。僕にもある。でも、これを知ってる人は年齢がバレてしまうというもんだ。「ジロマジトンド・ジロトンド」というのが、そのひとつだ。3時のお茶のときに、ふっと口をついてきたり、少し思い切って思いを告げたくなるとき、そして迷ったあげく、告げてしまって後悔したりて哀しくなったり、仕事がうまく行った時、仲間と気持ちを通い合わす時、そんなときに出てくる。魔法の言葉? かな。どうして何十年も覚えていたんだろう。「宇宙時代のダンス♪」と続いたと思う。夢かなにかでみてずっと覚えていたのか? 気になってネットで検索してみた。あったあった。1966年NHKの「みんなのうた」で発表された歌だった。歌っていたのが弘田三枝子さん。あの「人形の家」を歌う素晴らしく歌のうまい歌手さんだ。ふ〜ん。あったあった、存在してたんだ。

|

« ブックデザイン3作目 | トップページ | ほほいのほい »

コメント

faceさん、おはようございます!
ブックデザインの仕事を今着々としているんですね。
時代とfaceさんの才能・努力そして夢がシンクロしているのでしょうね。
第1作のお話はされたことありましたか。見てみたいです。
第3作クリック拡大してみました。不思議。淡くて深いです。
さりげなくfaceさんがいるぞという感じです。
faceさんにも魔法の言葉があるんですね。
なんちゃっては、私の魔法の言葉の1つです。
みんなのうたで今、思い出すのは「北風小僧のかんたろう」と
大貫妙子さんの「みずうみ」です。ではまた!

投稿: chiiko | 2006.08.04 06:30

こんばんは、chiikoさん。
どうもありがとう。
仕事を転々としているうちに、
なんとなく、やりたい仕事に
ありつけたような気がします。
ですが、これからが大事だと思っています。
骨を埋める覚悟でやらねば、なんて考えてます。

第1作はこちら.です。デザインは気に入ってるんですが、出版社や本の内容が気に入ってません。内幕をバラすと大変なので、このへんで。

いま4作目を考えて中です。
できたらまた発表します。

「なんちゃって」が魔法の言葉なんですか?
「みんなのうた」はいろいろな名曲がありますよね。
「北風小僧のかんたろう」は僕も好きです。
大貫妙子さんの「みずうみ」は知らないんですが、
図書館とかで探して、聞いてみますね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2006.08.04 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/11248401

この記事へのトラックバック一覧です: ジロマジトンド・ジロトンド:

« ブックデザイン3作目 | トップページ | ほほいのほい »