« 春が来た | トップページ | ひまわり »

2006.03.05

「フォレスト・ガンプ」を観てみた

やはりアカデミー賞を取るに値する作品なのでしょうか。しっとりいい映画でした。最初、あ〜ちょっと頭の弱い人の人生のお話なんだな、これからどんなふうに展開して行くのだろうと、最近観た「バス男」ともイメージをだぶらせながら観た。彼、フォレストガンプの純粋性が人の心を動かし、感動をあたえる。特に、ジェニーとの愛。子供の頃の出逢いがきっかけで、愛情を深めて行くが、ガンプとジェニーの人生はある意味、すれ違いの人生だ。この映画に時々、登場するアメリカの重大ニュース、例えば歴代大統領の暗殺、ジョンレノンの暗殺といったアメリカ社会の病んだニュースが重なる。それはガンプとジェニーの異なる二つのイメージの対比に見える。ガンプが持ってるアメリカ社会の楽観性、ヒーロー主義、愛国主義。それに対するカウンターカルチャーとしてのジェニーのイメージ。ヒッピーをやったり麻薬に手を出したり、二つの相反するアメリカの二面性。平行線、どこに答えを求めるか? 彼女との子供が二人の未来を解決していくのだろうか?

|

« 春が来た | トップページ | ひまわり »

コメント

faceの、子供っぽいイメージしたよ♪
例えばfaceとここでお話する?
例えばここでfaceで社会がイメージしたかもー。

投稿: BlogPetのponnta | 2006.03.06 10:20

好きです、「フォレスト・ガンプ」。
深刻なテーマを扱っているのに、どこかマヌケで、笑える作りになっているところがいいです。
救いのあるお話ですしね。

投稿: 木村衣杏 | 2006.03.09 01:24

こんにちは、いあんさん。
すこしまぬけでありながら、
彼の性格の純粋さが
周辺を変えていくところが
なんていっても胸が
スカッとします。
どこまでも
ジェニーのことを思う
気持ちに涙します。
特に自分の家の庭に彼女の
墓を建て、夕日のなかで
語りかける部分は
なかなかでした。

投稿: face(いあんさんへ) | 2006.03.11 10:12

faceの、二つっぽい暗殺したの?
例えばfaceはここでfaceが愛情っぽいイメージしたかったみたい。

投稿: BlogPetのponnta | 2006.03.13 10:23

ponntaは、ニュースへ対比したいなぁ。
例えばfaceがここへ解決したの?

投稿: BlogPetのponnta | 2006.03.20 10:49

faceは、大きい答えとか病んだ
faceたちが、アメリカでカウンターカルチャーとかを楽観したかったの♪


投稿: BlogPetのponnta | 2006.03.27 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/8956041

この記事へのトラックバック一覧です: 「フォレスト・ガンプ」を観てみた:

« 春が来た | トップページ | ひまわり »