« トイレの名言集が身にしみる日 | トップページ | ウエムラ »

2006.01.28

柳ケ瀬ブルース

滅多にしない出張である。ある企業の展示ブースのデザインをしたので、現場監督である。しかも遊びでも、富士山より西にいく事は稀である。岐阜の岐阜市は新幹線を使うと東京から3時間半で行ける。朝、いつもより少し早く起きてちゃんと朝飯を食べて行くが、同行者が気を利かせて深川飯のお弁当を買って来てしまった。断るのは悪いので、喜んで食べることにする。11時頃JR岐阜駅に着いて、そこから展示会場へいくと周辺にはあまり食事するところがないということなので、駅で食べる事にする。これでもう三食目である。太るはずである。まあ現場は現場、想定どおりうまくいくはずがないというか、あれやこれやトラブル続出。いい経験かな? なんて無理矢理思うようにしてその日が終わって、ぐったりして旅館へ、とりあえず肩の荷が降りる。

そして、今度は四度目の食事。同行者が旅館の食事ではつまらないというので、外に食べにいく。どこにどんなものがあるのかさっぱりわからないので、タクシーを拾って、美味しい居酒屋なんかを教えてもらう。その場所が「柳ケ瀬」にあるという。タクシーの運転手さんにいろいろ地元のお話を伺っていると、「柳ケ瀬」という地名が頻繁に出てくる。そこで、「もしかしてその『柳ケ瀬』というのは、美川憲一の『柳ヶ瀬ブルース』の『柳ケ瀬』ですか〜」と思わず聞いてしまった。歌が流行ったころは、ものすごく賑わっていたが、最近はさびれてしまった、ということだった。また、最初は美川憲一ではなく地元の歌手が歌う予定になってらしいというのだ。ふ〜ん、そうかなんて関心しながらその居酒屋に連れて行かれたのだった。まあまあ、お魚が美味しくて雰囲気のあるお店だった。ウーロン杯を飲みながら、『柳ケ瀬ブルース』のメロディーと歌詞が頭を占領して岐阜の夜は更けてゆくのだった。

そのほか、観光らしき観光はしないまま、あわただしく東京へ帰ってきた。早速、「岐阜」や『柳ケ瀬ブルース』のことをネットで調べてみる。ところが、タクシーの中で聞いた話と少し違うことが書かれていた。『柳ケ瀬ブルース』を作詞・作曲したのは宇佐英雄さんという人で、伊豆長岡温泉で芸能活動をしていた、そこへ訪れた沖縄舞踊団の踊り子に恋をし、そのときの出逢いと別れを『長岡ブルース』というタイトルで本人が歌っていた、それを美川憲一が『柳ケ瀬ブルース』に題名を変えカバーした、とあった。

寂れているといえど夜の柳ケ瀬は雰囲気があった。旅館から見える長良川の夜景や、泊まった旅館「十八楼」の周辺の家々の歴史あるたたずまいも雰囲気あったし、「ビジネスにはどうかと思うけど住むにはいいところですよ」といいつつ『柳ケ瀬ブルース』を鼻歌で歌う運ちゃんが思い出された。

|

« トイレの名言集が身にしみる日 | トップページ | ウエムラ »

コメント

長岡ブルースと、ものすごく旅館とか、家々とかを食事された。


投稿: BlogPetのponnta | 2006.01.30 10:13

 なんか、情緒あって、いいですね~^^。

私「ちあき なおみ」好きです。
ちあき なおみさんが、シャンソンとか、童謡歌えば、どんなかな^^と、思います。

 最近、カラオケは、「平原 綾香」の明日、専門で、他には、な~~んも、唄いたくなくなりました。

 

投稿: MISS-TOMO | 2006.01.31 20:39

こんばんは〜MISS-TOMOさん。
ちあきなおみさんというかたもいらっしゃいましたね。
喝采とか矢切の渡しとか
名曲ありますね。
この年になると演歌も悪くないかな
なんて思いますね。

平原綾香の明日ですか〜
まだ聞いた事ないんですけど、
こんど聞いてみますね。

投稿: face(MISS-TOMOさんへ) | 2006.01.31 22:07

出張でしたか~。
でも、岐阜と京都って、近くないですよ……(苦笑)。
私から見たら、岐阜は名古屋と同じようなくくりです(名古屋の人が聞いたら「違う!」って言いそうですけど。岐阜の人も)。

平原綾香の「明日」は名曲です。ぜひ聴いてみて下さい。(紅白でも歌ってましたけど……見ませんでしたか?)

投稿: 木村衣杏 | 2006.02.01 14:06

こんばんは〜、いあんさん。
京都に出張じゃなくて非常に残念です。
京都だったらもっと張り切っていたかもしれません。
地図で見ると名古屋にも近いですけど、
近いじゃないですか〜。

こんどは是非京都へ出張に行ってみたいです。
仕事そっちのけで、ライブとか
衣杏さんの住んでいらっしゃるあたりを
散歩するとか、いろいろ、
あそびまくりたいもんです。

平原綾香、是非聞いてみます。
つたやで借りてこよう〜。
紅白、すこししかみなかったんですぅ〜。
残念。でもウエンツのマイク倒れるところは
みました。さわやかでした。

投稿: face(いあんさんへ) | 2006.02.01 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/8385928

この記事へのトラックバック一覧です: 柳ケ瀬ブルース:

« トイレの名言集が身にしみる日 | トップページ | ウエムラ »