« あんまり空が青いので | トップページ | 「自由の女神」と「結(ゆい)」 »

2005.11.08

ポップアートと恋愛小説

第二次世界大戦がはじまって、芸術の舞台はパリからニューヨークへと移った。パリで活躍していたアーチストたちが次々、ニューヨークへと移住しはじめたからだ。かつて風景画といえば、パリの裏町か郊外の田園風景であった。しかしニューヨークに移り住んだ彼らにとってそれは摩天楼の風景であり。スーパーマーケットに並ぶキャンベルスープの缶であり、ミッキーマウスが登場するコッミクであったりそして、マリリンモンローが登場する映画であった。彼らは、そんな風景を描きはじめた。そして奇妙な絵画が出来上がった。はたしてそうやって出来た絵は絵であるのか? 誰も彼も問いはじめた。いったい絵画ってなに? とこうなる。絵を描く意味が急にクローズアップされた。そしてそれはおそらく、絵画の要素のひとつ一つを突き詰めて行く方向に向かったのだと思う。例えば、フランク・ステラに代表されるようなミニマルアートに。あるいはジャクスン・ポロックに代表されるような、抽象表現主義に。そのほかにもあるかもしれない。色や形だけの面白さを追求し、その他の意味が介入することを拒絶するとどうなるのか? 絵画は実験をやめなかった。それがコップの中の嵐と呼ばれるような、行き詰まりを呈した。描く楽しさはどこへいった? そこから本当の意味の絵画は? という具合に、今まさにこれからこそが絵画にとって新しいステージなるのだと思われる。

それをふまえて、現代の恋愛小説のことを考えると、それと似通っていて非常にわかりやすいのではないかと思ったのである。ごひいきにしているある人が今、短編恋愛小説を毎日書いている。最近、それを読ませてもらっている。時代とともにもちろん恋愛のスタイルも変わる。かつて田園風家を描いていた画家たちがポップアートの作家たちのように、彼らにとっての恋愛を描くようになった。当たり前だけど。でもそれは当然、ポップアートの作家たちのように「それははたして小説なのか? 文学なのか?」と批評にさらされることになるのだ。確かに新しい、例えば彼女がだと思っていた人が実は人妻だったり。あるいは女性専用車両で見つけた同性愛とか。これからの恋愛の新しいスタイルはいくらでもある。

ちょっと、考えてることと、書くことがずれてきそうなので、この続きは、もうちょっと考えてから書くことにする。

|

« あんまり空が青いので | トップページ | 「自由の女神」と「結(ゆい)」 »

コメント

faceさん、こんばんは。
いやーん、これってワタクシのことでしょうか……。
なんだかとっても高尚に書かれていて、お恥ずかしいかぎり……。
でも、faceさんのようにきちんと読んでくださっている方が確かにいる、というのが私の支えですので、これからもなるべくサボらないように、書き続けようと思います。
ありがとうございます~!!!!!

(というわけで、新ブログのURL&筆名で書かせていただきました。)

投稿: kimura-ian | 2005.11.13 01:48

車両とか、風景などはじまって
faceが、キャンベルで要素をコッミクするみたい…


投稿: BlogPetのponnta | 2005.11.13 09:57

こんにちは〜、いあんさん。
そうなんです。実はいあんさんのことなんですよ。
毎日、新作、楽しみにしてます。
お昼の憩いのひとときに
最近は読んでルンですよ〜。

普段、高尚な頭もってなくて、
ちょっと高尚に書こうなんて
考えたら、途中で
自分でも何云ってるのか
わからなくなりまして。

笑ってやってください。
ですが、だいたい云いたいことは
書いたので、続きは書くことやめにします。
もっぱら読むことに専念します。

ですが、ときどき色っぽい
情景とかあって、
なにかコメントせざるをえない
こともあるかもしれません。
いずれにしても楽しみにしてますので、
がんばってね。

投稿: face(いあんさんへ) | 2005.11.13 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/6980322

この記事へのトラックバック一覧です: ポップアートと恋愛小説:

« あんまり空が青いので | トップページ | 「自由の女神」と「結(ゆい)」 »