« 野球少年 | トップページ | 映画のことやら »

2005.09.25

看護のこころ

ある新聞に載っていた記事の事。介護老人保健施設で働く看護師さんを紹介する記事。その仕事は、家族が在宅介護ができない患者に適切なリハビリを施し、在宅介護に戻すのが目的で、病院と家族との橋渡しをする重要な役割を持つ。
徘徊、独り言、暴言、被害妄想などのさまざまな症状表れる認知症は、一般の介護とは違って、献身的に介護しても、感謝されないし、わかってもくれないと、がっかりすることも多い。と述べていた。しかし、「心は不思議です。わかっていないようで、心は通じるんです。そう信じていくのが看護の心です」と語っていた。たいへんな仕事である。そんな看護師を支えるものはいったいなんなのか。文字通り解釈すればそれは人を信じる心だととれるのだが、人と人との信頼関係の上に成り立つしかないこの職業の、なんと尊いことか。そしてそれを実践してる人の笑顔は美しい。

|

« 野球少年 | トップページ | 映画のことやら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/6114153

この記事へのトラックバック一覧です: 看護のこころ:

» 美しいお顔。 [水曜日の朝]
 世間では、美人とか、イケメンという、言葉があり。 最近私が感じた「美しいお顔」 [続きを読む]

受信: 2005.09.27 12:37

» 美しいお顔。 [水曜日の朝]
 世間では、美人とか、イケメンという、言葉があり。 最近私が感じた「美しいお顔」 [続きを読む]

受信: 2005.10.03 11:52

« 野球少年 | トップページ | 映画のことやら »