« 花 | トップページ | 続き »

2005.09.19

映画を4本

『海は見ていた』『茶の味』『花』『雨あがる』を立て続けに観た。前者二つは、意味が良く分からなかった。『花』は、別れた妻の遺品を取りに、日本橋から鹿児島の指宿まで、相棒と一緒に旅をする話。高速を使ってではなく、国道1号線、2号線、3号線と辿って走る。主人公は現役の弁護士で、休暇を使って、かつて妻だった人と一緒に旅したコースを辿る。そして、その人の遺品とは、主人公が、活躍した裁判を扱った新聞の切り抜き集と、二人の思い出の花、忘れな草の花畑だった。それを見た主人公は号泣する。癌に侵されていた主人公は、

|

« 花 | トップページ | 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/6018670

この記事へのトラックバック一覧です: 映画を4本:

« 花 | トップページ | 続き »