« ピンボケな風景たち | トップページ | AかBのどちら? »

2005.08.28

なごり雪

あの頃、古里の寂れたホームを朝夕乗り降りして、学校通いながら、
なにを考えていたのだろう。
なにを夢見ていたのだろう。
世界をどのように感じていたのだっけ。
たぶん夢を持つことより、おびえていたのだと思う、
あまりに世界が大きい事に。
世界はあまりにも美しすぎて、
かえって絶望していたのか。
そして女性も。
それと自分を比較して
心を閉ざしていたのか。
そんな微妙な気持ちを
映画『なごり雪』は思い出させてくれた。
大林監督のおせんち!

|

« ピンボケな風景たち | トップページ | AかBのどちら? »

コメント

えーん、faceさんの文章に感動してしまいました~。
あまりに世界が大きすぎて、自分の手には負えないって思っていたはずなのに、いつのまにか<世間>のなかの中堅どころとなり、それなりに泳いでいる自分が不思議……。
大人って、意外と子どもですよねー。
今は両手いっぱいの自由を持っているはずなのに、不自由な気がするのは、たぶん自分で自分を閉じ込めているせいだと思う……。
……なーんて、ちょっとセンチでしょうか。

映画で「なごり雪」があるなんて知りませんでした。
ちょっと調べてみようっと。

投稿: 木村衣杏 | 2005.08.31 18:36

こんばんは〜、いあんさん。
下のピンボケ写真といい、
この文章といい、
思ってもいないお褒めの言葉を
いただき、感激です。
でも、意味わかりましたか〜。
全然、不調でおばかなことを書いてしまって。
書かなければよかったなんて思ってたんですけど、
そう、云っていただけると
少し自信のようなものが、
湧いてきました。
それで、意味がすこしでも
わかるようにと、微妙に助詞を変えて
みました。

この続きを調子に
乗ってまた書いてみようかな?
もっとおせんちになって。
な〜んちゃって。

投稿: face(いあんさんへ) | 2005.08.31 23:22

続き、書いてくださいよ~。
おせんち、大歓迎です。

メールありがとうございました。
いま、保存にチャレンジ中です!

投稿: 木村衣杏 | 2005.09.01 16:16

こんばんは〜、いあんさん。
保存ができてなによりです。
よかったですね〜。
しかもそんな、
短い時間で、できて。
どうもおつかれまさま〜。
こんどは、新人賞
狙って
なんか書いて〜。

投稿: face(いあんさんへ) | 2005.09.02 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/5678044

この記事へのトラックバック一覧です: なごり雪:

« ピンボケな風景たち | トップページ | AかBのどちら? »