« 四月の公園 | トップページ | 『kira kira-そっと夜の国-/ウタタネ』発売記念ライブのご紹介 »

2005.06.28

『キー坊とチーチャ』?

こんな呼び方があるのだろうか? 誰かがそんなふうに呼んでたような記憶がある。上田正樹さんとジャズ・サックス奏者の朝本千可さん。最近、二人してTVに出る機会が多い。夫婦仲がいい秘訣は? なんていうような番組にでたり、今日は三崎にある二人のご自宅をTVで紹介していた。キー坊が随分、ガーデニングに凝っていた。それに住まいやライフスタイルなどを紹介していた。オープニングは、二人のお庭でのセッション。チカさんはサックス、キー坊はアコギで二人仲良く演奏を楽しんでる。いったい二人の音楽の源泉はどこにあるのだろうか? こんな癒しの家にあるのは間違いがないだろうけど、本当にそうかな? なんていろんなことが頭をよぎる。そして、ナベサダのことが思い浮かんだ。彼も音楽なしでは生きられない人間。「金にはなるけど、面白くないね」「金にはならないだろうけど、彼は音を楽しんでるね」そんな発言を思い出す。人に媚びると金にはなるが自分を見失ってしまう。媚びないとミューズはささやくが、金には困る。まあいつもの反比例というヤツだ。キー坊とチーチャだって、そうやって人が生活する世界と離れたりくっついたり…、そして帰るべき場所としての我が家がある。本当のところ、そんな暮らしのなかにこそ音楽はあるだろう。そして浮かんできたのが高田渡が唄う『マイブルーへブン』。

|

« 四月の公園 | トップページ | 『kira kira-そっと夜の国-/ウタタネ』発売記念ライブのご紹介 »

コメント

faceさん、こんにちは!
キー坊とチーチャは御夫婦なんですね。
三崎にご自宅だなんて地上の楽園ですね。

faceさんのこの記事を読んで、貘さんのことをまた思いました。
貘さんは貧乏詩人と呼ばれたりしたけれど、
魂のなかに貧乏を一歩たりとも踏み込ませなかった
というようなことを茨木さんが書いていますよ。

媚びないとミューズはささやくんですね。
はっとする言葉です。覚えておきますね。
それでマイブルースヘブンの話へと続くのでしょうか。
ではまた!

投稿: chiiko | 2005.06.30 12:18

こんにちは、faceさん。
私のこの番組の最後のほうだけ見ていて、
夫婦で縁側のちょっとしたスペースでキーボードとサックスを演奏して、縁側で音楽を作っている・・・・という姿が印象的でした。あんな風に生活の一部分が音楽だなんて、素敵ですね。

投稿: ぽっかぽか | 2005.06.30 14:39

こんばんは〜、chiikoさん。
キー坊とチカさんは夫婦なんです。
存在感のある二人。
端でみていても、平等というか
とてもバランスのとれた二人だと思います。

貘さんの詩作の様子なんか
書いてあったりしますよね。
鉛筆かなにかをクルクルまわしながら、
言葉を紡いでいたんでしょうか。
何回も何回も夥しい遂行をしてたらしいですね。
そこにはやはり、こだわらなければいけない
かれのいいたいことが詰まっていたのだと
思います。それと、『結婚』という詩に
結婚してから歌はとんと鳴かなくなった。
だったかな? そんな言葉があったような。

マイブルーヘブンですか?
そうですね、
それに続けて文章かけるといいですね。
ちょっと考えてみます。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.06.30 20:53

こんばんは〜、ぽっかぽかさん。
あの番組を見られてたんですね〜。
しかも、太田光のあの番組も。
もしかして、ぽっかぽかさんも
NHK教育TVのファンでいらっしゃいますか〜。
実は、そういう自分もファンなんです。

キー坊と千可さんの生活、いいですよね〜。
憧れます。なんていうか、夫婦別姓なのかどうか、
そんな感じがしませんか〜。
お互いがお互いの役割分担を認めあって
楽しく生活できるなんて、素敵だな〜 と思います。
きっとぽっかぽかさんの生活もそんなふうなのかな〜。
なんていろいろ想像しては楽しんでます。

今、「詩を歌にすること」について
ある考えが浮かびました。
そのことを少し、いつか書こうかな。
では、またね〜。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2005.06.30 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/4750878

この記事へのトラックバック一覧です: 『キー坊とチーチャ』?:

« 四月の公園 | トップページ | 『kira kira-そっと夜の国-/ウタタネ』発売記念ライブのご紹介 »