« 描きかけの絵 | トップページ | ながみひなげし2 »

2005.04.27

ナガミヒナゲシ

hinagasi


|

« 描きかけの絵 | トップページ | ながみひなげし2 »

コメント

faceさん、おはようございます!
この絵ともう一つのヒナゲシの絵は、色の違いだけなのかなと思っていましたが、
きょう再びまじまじと見たら、微妙に違いますね。
というか、かなり大胆に違います。
間違い探しのクイズみたいです。
ヒナゲシは虞美人草とも言うんですね。

描きかけの絵は男性を描いた絵と思っていました。かっこいい男性だなと思って。
絵は見る時々で印象が変わるので、不思議でおもしろいです。
きょうよい一日を。ではまた!

投稿: chiiko | 2005.05.04 08:16

こんばんは〜、chiikoさん。
そうですね、虞美人草ともいいますね。
忘れてました。昔、そんな言い方が好きで
夏目漱石の『虞美人草』を読んだことを
思い出しました。それに虞美人という
中国の美人さんのことも思い出しました。

絵のほうは描いてから
本物花を見たら
大分違うことに
気づいて、
特に葉っぱが下の方のかたまって
ついてるのを発見したしだいです。
それにこの花を気に入ってる理由の
一つに色があって、モノクロで花を
描くのはどうもいただけけないかな
なんて気がしたので、
こんなふうになってしまいました。

善福寺は確かに練馬区です。
自分も一度くらい行ったことは
あるんですが、何しろ鉄道の線がちがうのと
練馬のはじっこということもあって、
あんまり行ったことはないんですよ。
倉本聰さんが住んでた街だというのは
本でしりました。
井の頭公園の路上アーティストたちは
おもしろいですよね。
そのうち自分もお仲間にいれてもらうかも
しれません。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.05.04 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/3885678

この記事へのトラックバック一覧です: ナガミヒナゲシ:

« 描きかけの絵 | トップページ | ながみひなげし2 »