« OYOYO書店発見 | トップページ | 湯島のあたり »

2005.04.14

西日暮里から日暮里の間

昨日は西日暮里から日暮里の間、といっても山手線の内側に一本、平行した道路があってあんまり皆さん知らないだろうけど、お寺や○○町なんて昔の町名の看板や歴史のうんちくを書いた公共の看板なんかやたらある界隈なのだった。そんな中に今でも富士山が見える富士見坂や自堕落先生なんて昔呼ばれてたひとのうんちくの看板なんかがすごく目に入った。そして創作料理のお店とかスイス風ログハウスのレストランなんかがあってなんかちょっとこじゃれた匂いもする。昔ながらの伝統工芸というか竹篭やさんなんかがあっり、倉庫の跡みたいなところに画廊があったりと、こんなところにこんなものがというかんじ。日暮里駅から日が暮れる里だから「ヒグラシのサト」なんだなと思いながら夕焼けを見たことは何回かあったのだが、その里をあるいてみて新たな発見が多かった。また、「谷中銀座」というショッピングモールみたいなところがあって、養命酒みたいな花粉症やアトピーに効く薬屋さんでイージス鑑みたいなキャップをかぶった変なおじいさん店主につかまって、たっぷりとうんちくというか営業トークを聞かされたのだった。ちょっとタイムスリップしたような感じ。皆さんも一度、ひぐらしの里を是非、訪れてみてね。「やねせん」という雑誌も買うことをお勧めします。そして今日は、ドトールで先輩と埼玉県の羽生の話になって「羽生といえば田山花袋ですね」という話から突然盛り上がって、仕事もしないで、2時間もその話から芝居の話までしてしまった、愉快愉快。いつかまた書くかもしれない。それと関係無いけど、最近耳に付いて離れない歌はPPMの「悲惨な戦争」。これもいつか書きたい。新潟地震の募金を頼まれ、信号が青になったのであわててすこし。

|

« OYOYO書店発見 | トップページ | 湯島のあたり »

コメント

おととしの春(たぶん)に東京に行ったとき、谷中、歩いてみました。風情ありますね。大阪でも上町台地の寺町あたりに少し風情が残ってはいますけれど、範囲は狭く、総体にはかなり悲惨。東京はいい昔がけっこう残っていて、うらやましいです。富士見台はやはり今でも見えるんですねー・・・

投稿: なのか | 2005.04.15 09:54

こんばんは〜、なのかさん。
谷中を歩いたことがあるんですね。
なかなか雰囲気のある街ですよね。
この日は雨で見れなかったのですが
今でも富士見坂からは
富士山がみえるそうですよ。
大阪にもそんな寺町があるんですね。
大阪は通り過ぎただけで
一度も行ったことがないので、
残念です。御堂筋からナンバまでも歩いて
見たいですけど、大阪ベイもみてみたいです。
な〜んちゃって。

投稿: face〔なのかさんへ) | 2005.04.15 22:22

faceさん、ごぶさたです。しばらくブログをお休みしていましたが、またはじめました。コトノハノトビラ2もはじめました。
谷中・千駄木界隈はつい1年ちょっと前までの6年くらい住んでいて懐かしいです。
富士見坂は、富士のみえる方向にビルがたくさん(本郷通り沿いの建設ラッシュが原因)出来てしまって少ししか見えなくなりましたね。前は谷中銀座のゆうやけだんだんという階段からみえる夕日がとても綺麗だったのですが・・。やねせんの方々とはちょっとだけおつきあいもありました。富士見坂を守る運動もしている素敵な人たちが集まっているところです。
あの辺りもちょっといかないうちにまた変わってしまったかも知れないですね。
では、またまた。

投稿: sou | 2005.04.16 00:31

こんばんは〜、souさん。
あのあたりに住まわれてたんですか〜。
かっこいい。
今日も見てみましたが、
今日は曇りで見えませんでしたが
確かにマンションが
たくさん立ってて
見えないような感じでした。
やねせんのかたがたともお知り合いなんですか。
街おこしに参加されてたんですね。
あの雑誌は、街おこしにかなり有効でしたね。

投稿: face(souさんへ) | 2005.04.16 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/3700668

この記事へのトラックバック一覧です: 西日暮里から日暮里の間:

« OYOYO書店発見 | トップページ | 湯島のあたり »