« 息子作、飛び出すお手紙 | トップページ | 東京と路地と冬 »

2005.02.25

倉本さんの『優しい時間』を観てみた vol.7

今週は登場人物の過去がそれぞれすこしづつ
重なって、その重なりのダブルイメージで
ストーリーは展開していくといった感じがした。
たとえば、サブちゃんはかつて「森の時計」のある
この場所で生活していた。そしていつか離農して
この土地を離れていった。その土地を思い出して
訪ねてきたのだった。マスターはその当時の事に
思いを馳せる。
ここでは土地というイメージが時間を異にして
重なっている。
また「喫茶店」に夢を賭けて挫折していった
お客の親である年老いた女性が、
かつて住んでいたこの土地に40年ぶりに訪ねてくる。
これもまた土地と夢にまつわるイメージが重なる。
マスターはこれにもおそらくイメージを
重ね合わせたに違いない。
そしてそこには親子の問題もあった。
今度は拓郎との確執の問題が重なってくる。
マスターは北時計に行って、真相を聞かずには
いられなかった。そこで朋子(北時計のママさん)に
「そんな風に悪意の目で見るから親子の仲が修復できないのだ」と
いわれショックを受ける。
そしてその原因のひとつになっていたであろう
「仕事」。それがお客として訪ねて来たかつての
同僚とのイメージがマスターに去来する。
しかしマスターはそこではっきりと表明する。
「コーヒーを淹れるだけではなく
自分の身の回りのほんの些細なものに
目を向けて行くのが仕事なのだ」と。それは、
サブちゃんがかつて生活していたこの森、この土地、
そういう身近なもの、そうゆうもの
の本質を問うということからイメージは
はじまって親子の問題も、
身近な些細なことに愛情をもって
目を向けていくととが大事なんだという、
倉本さんのメッセージが聞こえてきそうでR。

追記:昨日は2回もテーマソングが流れた。セロをバックに
朗々と歌う平原さんの歌ははやりグットくるものがあった。

|

« 息子作、飛び出すお手紙 | トップページ | 東京と路地と冬 »

コメント

こんばんは、faceさん。
やっちゃいました・・・( ̄□ ̄;)!!
いつかやると思っていたけれど、ドラマを観ながらうたた寝しちゃって、半分以上もみれなかった~!
faceさんの記事を見て、サブちゃんは何者だったのかわかりました。(T▽T)アハハ!

投稿: ぽっかぽか | 2005.02.26 20:56

こんばんは〜、ぽっかぽかさん。
自分も最初のほう、blogのコメント
書いてて少し見逃したかもしれません。
あれ、なんでサブちゃんが出てるの?
なんて思ったんですけど、そこはすこし
オフィシャルのHPを見て補いました〜。

朝が早くて夜も遅そうな、ぽっかぽかさん。
眠くなるのも無理ありません。
『優しい時間に』癒されて、
スヤスヤいい気持ちで休んでくださ〜い。
そしてオフィシャルのHPを見れば、
来週の分まで載ってますから〜(笑)。
しっかり読んで埋め合わせしてくださ〜い。

来週は、さらに面白そうですよ〜。
梓が遭難するみたいです。
それを助けるいい男が出て来るみたいです。
しかもその人がこれからのキーマンに
なりそうです。平原さんのテーマ曲にも
癒されて、しかも今週はセロがバックでしたから、
確かに気持良くなっちゃいますよね〜。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2005.02.26 21:25

faceさん、こんにちは!
「そんな風に悪意の目で見るから親子の仲が修復できないのだ」という言葉に私どきりとしました。
私は一部分を見て全体を決めつけてしまうことがよくあります。
木を見て森を見ないようなところが。
親子の仲、自然に歩み寄って分かり合えればいいですね。
心のそこでは分かり合っているのでしょうから。
親の気持ち子知らずなのと同じように
子の気持ち親知らずみたいなところもあるのかもしれません。
梓さんの存在はほんとうに大きいですね。
ドラマのようにこの現実も生きていきたいなと思います。
きょうはよい天気でしたね。
小石川植物園へ行ってクスノキを見てきましたよ。ではまた!

投稿: chiiko | 2005.02.27 16:50

こんばんは〜、chiikoさん。
先週木曜は小石川4丁目あたりを
てくてく歩いてました〜。
そこからも近いですよ、小石川植物園。
そして何回か行ったことあります。
ニュートンのリンゴの木とかもあるんですよね。
たしかクスノキの大きいのもあったような
気がします。

出来るだけ悪意の目で人は見たくないし
見られたくもないですよね。
特に親子ならではなおさらですよね。
何があの親子をそうさせるのでしょうか。
もっと隠された秘密があるのかもしれませんね。
そのあたり、来週からだんだん
わかるようになるのでしょうか。
また今後も楽しみですね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.02.27 22:25

こんばんは〜、chiikoさん。
先週木曜は小石川4丁目あたりを
てくてく歩いてました〜。
そこからも近いですよ、小石川植物園。
そして何回か行ったことあります。
ニュートンのリンゴの木とかもあるんですよね。
たしかクスノキの大きいのもあったような
気がします。

出来るだけ悪意の目で人は見たくないし
見られたくもないですよね。
特に親子ならではなおさらですよね。
何があの親子をそうさせるのでしょうか。
もっと隠された秘密があるのかもしれませんね。
そのあたり、来週からだんだん
わかるようになるのでしょうか。
また今後も楽しみですね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.02.27 22:25

faceさん、こんにちは。
私も見てます、「優しい時間」。
最初から見たかったのですが、何度か見逃して、途中からになってしまいました。
でも、公式サイトでストーリーは確認しましたけれど。
大竹しのぶさんとか、好きな俳優さんがたくさん出ていて、ウレシイ。

投稿: きむらいあん | 2005.02.28 06:31

こんばんは〜、いあんさん。
お久しぶりで〜す。
お元気みたいですね〜。
いあんさんも見ていらっしゃるんですか〜。
静かなしっとりした落ち着いたドラマですよね。
倉本さんのエッセー読んでたら、
本当は『北の国から』は死ぬまで
続けたいと思っててらしいです。
その他の事情によるものらしいです。
このドラマも『北の国から』に似てる部分もありますけど
また違った部分もありますよね。
大竹しのぶさんのファンでいらっしゃるンですかあ〜。
幽霊の役、いい味出してますよね。
来週からだんだんと盛り上がる見たいですよ〜。
なんて、自分もオフィシャルのHPを見てるんですけど〜。
ドラマ観る時間おありですか〜。
お忙しいいあんさん。たまにはこドラマで
ゆっくり、静かな、落ち着いた、
優しい時間を過ごされては?

投稿: face(いあんさんへ) | 2005.02.28 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/3076190

この記事へのトラックバック一覧です: 倉本さんの『優しい時間』を観てみた vol.7:

« 息子作、飛び出すお手紙 | トップページ | 東京と路地と冬 »