« 冬五景 | トップページ | 大きな声ではいえないけど »

2005.02.14

鼻も高くあがった

この間、一家で公園を歩いていたら、タコを揚げているおじいさんに声をかけられた。「ぼうやこれを持ってご覧」といわれタコの糸を持たせてもらった。タコが豆粒みたいに、しっかり見ないとよく見えない。持った糸は思ったより軽かった。「どんなタコなんです?」と見えないので聞いたら、長崎のハタというタコらしい。本来は糸にガラスの粉を塗って戦わせ、相手の糸を切って勝ち負けを競ったらしい。そういえば、遠藤周作の『女の一生』だったかな? に出てきたような記憶がある。自分も子供の頃は田舎でよくタコ揚げをした。田舎のタコはただの長方形。駄菓子屋さんで武者絵や当時の人気キャラクターの印刷されてたものを10円位で買ってきて揚げた。だいたいは冬。結構風が強かったので、そうゆうときはニョウ(つみわら)から稲藁を数十本ぬいて、何本かつなぎあわせ、片方で5m位なるようなシッポをつけて揚げた。こうすると安定して良く揚がるのだ。これが得意で、寒くても一人でもいつまでも揚げていたものだ。
それで次の日、思い立って戸田の荒川土手、彩湖公園まで行って来た。たまたまゲイラカイトが2個あったので、それを連ダコのようにつなげてみたらどうなるどうと思って、息子をさそった。最初の乗り気ではなかった息子が喜んだ。揚がる揚がる、前日のおじいさんがやってたくらい揚がった。僕の鼻も高くあがった。

tako
わかんないだろうな〜
というぐらい揚がった

|

« 冬五景 | トップページ | 大きな声ではいえないけど »

コメント

凧揚げ、私も偶然ながら連休中、やったんですよ~!
子供の学校では凧揚げ大会があって、そのときに作った凧をあげました(何故かカラスの絵を息子は書いてました)。
とても風が強かったせいか、空高くまで上がっていきました。

凧揚げって大人も夢中になってしまうものなのですね~!とても楽しかったです~♪

投稿: ぽっかぽか | 2005.02.15 06:33

こんばんは〜、ぽっかぽかさん。
タコが青空に吸い込まれるように
どんどん高く揚がるのは
胸がすくようないい気持ちですよね。
すかーっとします。
自分も息子もとても楽しく夢中になりました〜。

カラスの絵が描いてあるタコですか〜。
形はどんなのでしょう。
ずいぶんユニークなタコなんでしょうね。
どうして、子供って人と違う、
奇抜な自由な想像をするんでしょうね。
それに比し、
大人はなんでも周りに習ってしまう。

お店で、「皆さんこれにしますよ〜」
というとその商品をやはり買っていくそうです。
ちょと脱線しましたか。あははでは。
タコを揚げすぎて首が回らなくならないように!!

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2005.02.15 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2930656

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻も高くあがった:

« 冬五景 | トップページ | 大きな声ではいえないけど »