« 微笑みの生まれる場所 | トップページ | The water is wide 三度 »

2005.01.09

The water is wide 再び

ル・クプルでThe water is wideを聞いた。再び胸が熱くなった。
kawa


The water is wide I can't cross over
And neither have I wings fly
Give me a boat that can carry two
And both shall row, my love and I

|

« 微笑みの生まれる場所 | トップページ | The water is wide 三度 »

コメント

faceさん、おはようございます!
幻想的な絵ですね。冬の花のような絵。
faceさんの思うThe water is wideはこのような光景なのですね。冬の三日月の夜なのでしょうか。ボートがあってよかったですね。
私もいろいろ聴きましたよ。
この歌は切ないけど希望の歌のような気がします。
漕げよマイケルみたいな感じもします。
この歌詞、何度読んでもいいですね。
my love and Iというところが何となくじーんときます。
ではまた!

投稿: chiiko | 2005.01.10 08:40

こんばんは〜、chiikoさん。
そうなんです、シャガールと
この歌とイメージが似てて
こんな感じになりました。
ピート・シーガーのも聞いたのですが、
このル・クプルのほうがいいですね。
藤田恵美さんは歌が上手いです。
自分なかでこのグループがだんだん
大きくなってきました。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.01.10 20:37

faceさん、こんにちは^^
お久しぶりです。
今年も宜しくお願いします。

ル・クプルというグループ名にふさわしい歌詞ですね。
人間には人間の住む世界があるし、それを超えることはできない。
海や川は魚のモノ。
そこにせめて渡ることができるボートを。
*********
今度、聞いてみます。
faceさんのイラスト切り絵のようで幻想的です。
相変わらず素敵ですね。(^-^)
シャガールと聞いてうなずきました。

投稿: sof | 2005.01.12 22:15

あっ、sofさんだ。こんばんは〜。ご無沙汰してます。それとお引っ越しおめでとうございます。この歌はアイルランド民謡で、世界的にも有名な曲らしいです。日本でもたくさんのフォーク系の歌手が取り上げて歌ってますよ。ル・クプルの歌はしっとりしていい歌だと思います。他に、NHKの『ようこそ先輩、課外授業』のエンディングテーマの『縁は異なもの』なんか最近心にひっかります。それから更に、いろんなCMで有名なんだというのを知りました。

投稿: face(sofさんへ) | 2005.01.12 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2522650

この記事へのトラックバック一覧です: The water is wide 再び:

« 微笑みの生まれる場所 | トップページ | The water is wide 三度 »