« そうゆう日に限っていろいろある | トップページ | そうやって『涙そうそう』は生まれた »

2005.01.14

倉本聰さんの『優しい時間』を観た

昨日は倉本聰さんの『優しい時間』を観た。15年ぶりの書き下ろしドラマだそうだ。設定が富良野なので、『北の国から』のイメージが頭から離れなれないが、キャストもかわり、いい感じ。特に富良野の秋の見事な紅葉が素晴らしいカメラワークで描かれていた。そんな富良野の森の中にあるログハウスの喫茶店がマッチしすぎてる感じもしないではないが…。倉本さんはドラマを書くとき、人物の設定、性格や趣味など細かく決めるのだそうだ。今回の主役、寺尾聰はまた倉本さんの作り出す新たなキャラクターを見事に演じるに違いない。また脇を固めるキャストもそして音楽も、なんかわくわくする予感を感じさせる。たとえば、『冬の運動会』にも出ていた國村隼とか余貴美子とか二宮君が既にいい味出してる。そしてラストの歌。誰が歌ってるんだろうか、気になる。いい歌だ。あ〜、もう木曜の夜10時はこのドラマから目が話せない。

追記:喫茶店の常連客は自分で豆をひくらしい。毎日いろんなことを考えながらお客は、ミルで豆を挽く。マスターとおしゃべりしながら。そしてゆっくりとマスターの淹れたコーヒーを飲みながら、優しい時間をすごすのだろうか。そして彼はその優しい時間の創造主、提供者なのだろうか。

追記:オフィシャルのHPを見ていたら、はやりあった。主人公、涌井の履歴書。若い頃はそうとうなやんちゃだったらしい。杉並に生まれてどうのこうの、学生運動に参加してどうのこうの、NYで悪いことをしてどうのこうの。約7ページにもわたる履歴書がやはり存在するらしい。息子との関係をどう修復していくのか、というところがこのドラマの中心になっていくのだろうけど…。

追記:寺尾聰さんにしよう。聰さんは自分にとっては、やはり、映画『同胞(はらから)』の「もしこの芝居が失敗したらオラのベゴ売る」という村の青年団長の名役を思い出す。それから、サベージ時代の「♪まあるくあわせたこの手のひらに♪」というのが懐かしい。もちろん、「ルビーの指輪」は誰でも知っている。

|

« そうゆう日に限っていろいろある | トップページ | そうやって『涙そうそう』は生まれた »

コメント

faceさん、こんにちは!
忙しいなか見ることができてよかったですね。
追記がどんどん増えているような気がします。
私も昨夜、夜更かししていて、優しい時間もちょこちょこ見てました。
コーヒーミルの場面で、私も昔々に買ったコーヒーミルを持っているので、なつかしいなと思いました。
これからの展開が楽しみですね。

寺尾聰さん、私、リフレクションズというLP持ってます。
ルビーの指環でにわかファンになった模様です。
サベージ時代というのがあるんですね。
お父様ととても似てきてますよね。
ではまた!


投稿: chiiko | 2005.01.14 15:55

こんにちは、chiikoさん。
最初は落ち着いて観れなかったんですが、
やはり観ているうちに引き込まれてしまいました。まだはじまったばかりなので、キャストの関係とか把握するのにいっぱいで。オフィシャルのHPを見てウンウンといった感じです。ですが、何かこれから面白くなりそうなワクワクするような予感はあります。余貴美子さんは前にイラストでも描いたんですけど、もっと上手く描けばよかったなと思いました。それから二宮君と長澤?さんの若手の活躍も期待できますし、脇役も楽しそうな人がたくさん出てますね。リフレクションズですか。ルビーの指輪の頃のアルバムですか。どんな曲が入っているんでしょうか。コーヒーミルを持っていらっしゃるんですね。音といい、香りといい優しい気持ちになれますね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.01.14 16:09

こんばんは、faceさん。

「優しい時間」、faceさんの記事を読んで的を得た意見、感想だったので感心して読みました。私の記事はなんだか音楽中心でしたね。後から読み直したら(
笑)
あの、「森の時計」というお店の看板は倉本さんの友人である大滝秀冶さんが書かれたそうですね。私もオフィシャルHPで細かくチェックしてみよう~っと♪
木曜日の楽しみが増えましたね。では~(^ー^)ノ

投稿: ぽっかぽか | 2005.01.15 00:45

こんにちは、ならです。ボクは録画したものを、昨日、見ました。確かに良いですねぇ。ホンも演出も芝居も、みんないいからなんだろうなぁ。あ、富良野もいいしねぇ。

豆を自分でひく店「森の時計」がホントにあったら行ってみたいなぁ。なんかね、コーヒーくらい、ゆっくり飲めよ、って言われたみたいな感じです。今朝は機械を使わずに自分でペーパードリップしようかなぁ。

では、また。お達者でね。

追伸 > chiikoさんへ

リフレクションズ! ボクも持ってました。どこ、やっちゃったかなぁ。探してみよ~。

投稿: ならぢゅん | 2005.01.15 08:02

faceさん
TB&コメントありがと~♪

未だに、TBってよく分からないんです…(^^ゞ

faceさんの記事は丁寧でさすがですね~。
HP、私も真似して、もっとじっくり読んでみようっと。
来週楽しみですね~(^^)v

投稿: あんず | 2005.01.15 09:49

おはよう、ぽっかぽかさん。
いえいえ、前日の記事と合わせて読ませていただいて、こちらこそ的を得た文章だと思いました。それで慌ててオフィシャルのHP観て少し勉強して、追記した次第です。「花時計」というのが余貴美子さんがやってる喫茶店なんですね。それが、「北の国から」にも使われてたんですね。でも、勇吉の奥さんの友人が同業というのがまたこれからどんな風に話が展開していくか楽しみですね。そしてあの大滝秀治さんが書かれた看板がついているんですね。次回、チェックしてみます。次回は窯元のあの辺の話も面白そうですね。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2005.01.15 09:53

おはようございます、ならぢゅんさん。
いつもは機械でコーヒーを淹れて飲まれてるのですね。
自分は、毎朝のコーヒーだけは自分で
家族の分をドリップして淹れてます。
ですが、ぷろ見たいに上手くはいきません。
今度は、ほうろくというのを買ってきて
自分で豆を煎って挽いてというところまで
やってみようかななんて考えてます。
「森の時計」見たいなお店は
この辺ではなかなかおめに掛かれないでしょう。
巾着田へコスモスを見に行ったとき、
そこから歩いて駅まで行ったんですけど、
その途中に自然食品も一緒に売ってる
喫茶店があって、しいていえば
そこの喫茶店に似ていると
思いました。

投稿: face(ならぢゅんさんへ) | 2005.01.15 10:03

おはようあんずさん。
いや〜、
昨日は仕事が暇で、
仕事中に、ドラマのオフィシャルHPを
観てすこし勉強しただけです。
そんなことしてはいけませんよね。
でも、来週も期待できそうですね。
早く、1週間が過ぎないかな〜
って感じです。

トラックバックがわからないんですか〜。
自分もわからなかったのですが
短歌を投稿するとき
トラックバックをして、
あ〜こんなもんなのかな〜って感じで
深く考えないで、感覚的につかってます。
どんな風にわからないんでしょう。

投稿: face(あんずさんへ) | 2005.01.15 10:10

faceさんこんばんわ~
キャー!やっと共通の話題がっ!
ニノくんいいでしょ~?
ちょっと遅くなりましたが記事にしましたので、
トラックバックさせていただきました
これから3ヶ月楽しく生きていけそう(大袈裟(^^;))です!(^○^)

投稿: キャサリン♪ | 2005.01.15 19:14

あっ、キャサリン♪さんへさんだ。
こんばんは〜。
やはり観られましたか〜。
トラックバックやら、コメントやら、
どうもありがとう。
いい、いい、ニノくん。ピチピチ、純な感じの中にも
男らしさがあってたまらな〜い。きゃ〜。
すぐ女の子と親しくなるなんて〜。
この〜。
乗ってる車もかっこいい!!
もうファンになっちゃう。
おう〜、3カ月もやるんですね。
もう、中毒ですわ。
相手役の長澤さんもきゃ〜。

投稿: face(キャサリン♪さんへ) | 2005.01.15 20:17

faceさんこんばんは。トラックバックもしたけど、コメントもしちゃいます。
あのこ、長澤さんっていうんですね、きゃーですね。「北の国から」のレイちゃんを思い出すのは僕だけでしょか?きゃーです。

投稿: sou | 2005.01.21 00:37

こんにちは、souさん。
souさんも観ていらしゃいましたか。
いい番組ですよね。
自分なんか1週間、何が楽しみで生きてるかってゆうと、このドラマ観るために生きてるようなもんです(おおげさな)。な~んちゃって。
長澤まさみさんですか? いや~ まいっちゃいますね、あんな可愛いと。昨日は大活躍だったですね。皿を割るシーンなんか、わかるな~あの気持ち。若いっていうのは純粋なんだな~。それともあの人の性格なのかな。そうレイちゃん。レイちゃんが登場したときのようなほんとさわやかな胸がきゅんてなる感じですよね。いや~いいです。ニノ君うらやましい。ニノ君もなかなかいいですけど。それにしても押し倒して、足をナメナメっていうのは笑ってしまいました。また来週木曜まで必死に生きていこうっと。

投稿: face(souさんへ) | 2005.01.21 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2568883

この記事へのトラックバック一覧です: 倉本聰さんの『優しい時間』を観た:

» 「優しい時間」だね [Yuuya's Notelet]
 今年初めのクールは、いいドラマが目白押しな気がします。14日スタートの「優しい [続きを読む]

受信: 2005.01.14 12:07

» 寺尾聰「優しい時間」富良野で見せる「役者魂」 [愚図愚図と酔いしれて…]
「倉本聰」脚本の「優しい時間」で「連ドラ」初主演! グループサウンズ「ザ・サベー [続きを読む]

受信: 2005.01.14 14:41

» やっぱりよかったぁ♪ [ 本日は晴天なり・・・!?]
「優しい時間」は初回ながらとても引き込まれるドラマでした。 その理由は私が大好き [続きを読む]

受信: 2005.01.15 00:36

» 『優しい時間』見た [キャサリンのお笑い日記]
『優しい時間』 フジテレビ 木曜日午後10時から  放送は13日木曜日でしたが、 [続きを読む]

受信: 2005.01.15 19:06

» 倉本聰さんの優しい時間を観ています [コトノハノトビラ]
倉本聰さん、なんと15年ぶりの書き下ろし作品なんですね。倉本さんの作品にはいつも [続きを読む]

受信: 2005.01.20 23:52

« そうゆう日に限っていろいろある | トップページ | そうやって『涙そうそう』は生まれた »