« 新種の商売 | トップページ | 魚屋さんで魚を自分でさばくコーナーを作って、料金を安くするのではなく多く取るというのはどうだろう »

2005.01.30

たんぽぽいろいろ

アウトドア系の本を読んでたら、たんぽぽコーヒーが紹介されていた。11月の終わり頃。たんぽぽの根をミニスコップで30分間ロースト。コーヒーミルで粉にしてポットに熱い湯を注いで約1時間かけて抽出する。ペーパーでこして熱くして飲むと、カフェインフリーのヘルス・ドリンクになるらしい。コーヒー以上に素敵な飲み物らしい。葉はベーコンと一緒に炒める。スープにしてもなかなかのものらしい。実際、欧米のスーパーマーケットには1年中、畑で栽培したたんぽぽの葉が売られているらしい。インスタントラーメンに入れても良いし、花は食用菊同様に食べれるらしい。タンポポの花をバターで炒めてのオムレツの具にするとグーらしい。1970年、フォークソングが流行った頃、シバとい人がお金がなくてこれらを実践してたらしい。そこで、彼が参加してたバンドが名付けて『武蔵野たんぽぽ団』他に高田渡、友部正人、山本コータローなんかも参加してた。伝説のバンドである。いずれにしても、いざというとき自分もタンポポに頼るときがあるかもしれない。

|

« 新種の商売 | トップページ | 魚屋さんで魚を自分でさばくコーナーを作って、料金を安くするのではなく多く取るというのはどうだろう »

コメント

自分で作っていないけど、どっかの自然食品店で買って飲んだっけー、たんぽぽコーヒー。えーと、あまり印象には残らない味でしたが・・
で、最近はなんかハーブ茶ってことで「ダンディライオン・ティー」てのがあるようですが、あれはまた別ものなんだろうか???昔「ダンディライオン」てサ店でバイトしました(関係ないね)

投稿: なのか | 2005.01.30 23:27

以前Blogの記事にもした事がある、「ハーブハーモニーガーデン」のお店で「たんぽぽコーヒー」飲んだ事あります。その時の味は忘れてしまいましたが、とても美味しかった記憶だけ残っています。
でも、メニューから外されて、今ではなにのが残念。。。
たんぽぽの葉、食べられるんですね。
我が家にも春になればたくさんのたんぽぽが咲くので、試してみようかな!?(^ー^* )フフ♪

投稿: ぽっかぽか | 2005.01.31 10:09

ふ~む、バンド名の由来を初めて知りました。
たんぽぽ団はサンフランシスコ湾ブルースが
好きです。

投稿: ち~旦 | 2005.01.31 16:33

こんばんは〜、なのかさん。
自分はまだ飲んだことないんですよ〜。
春になってタンポポがたくさん咲いてきたら
そうゆうのをやろうかなっておもってます。
ダンディライオンティーというのもあるんですね。
名前からすると、ローストしないで煎じたものでしょうか? えっ〜、なのかさんがサテンでバイトですか? ご機嫌な音楽がかかってたとか? マスターがタンポポみたいにふんわりした人だったとか? あんまりイメージわいてこないな〜。ライブハウスならわかるけど。

投稿: face(なのかさんへ) | 2005.01.31 18:25

こんばんは〜、ぽっかぽかさん。
「ハーブハーモニーガーデン」はぽっかぽかさんの
お気に入りの場所ですよね〜。自分も一度は行ってみたい場所です。千葉にも似たようなのがあるらしいんですけど、姉妹店なんでしょうか。タンポポコーヒーは春になって、たくさん生えてきたら自分も試してみようと思います。楽しみ〜。早く春になれ〜って感じですかね。インスタントラーメン(袋麺)も大好きなので(特に、チャルメラとか昔ながらのシリーズとか)葉っぱをいれて食べてみたい。いいな、たくさん咲くんですね、荒川の土手みたいに。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2005.01.31 18:37

こんばんは〜、ち〜旦さん。
そうなんすよ。
♪おいららを残してあの娘は行っちゃた♪
いいすよね。ジェシー・フラーの名曲ですよね。
PPMとかクラプトンなんかもカバーしてますよね。
ところで、渡のバックなんかをやってたkumikoさんや青柳としひろさんが率いるCHEAPERS
ご存じですか? バンバンバザールなんかとも近い。高円寺の稲生座なんかでライブやってるすよ〜。

投稿: face(ち〜旦さんへ) | 2005.01.31 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2750647

この記事へのトラックバック一覧です: たんぽぽいろいろ:

« 新種の商売 | トップページ | 魚屋さんで魚を自分でさばくコーナーを作って、料金を安くするのではなく多く取るというのはどうだろう »