« 倉本聰さんの『優しい時間』を観た  vol.3 | トップページ | たんぽぽいろいろ »

2005.01.29

新種の商売

happanoyuuyake
ドラマ『優しい時間』で、喫茶店のお客が自分でコーヒーミルを使って、自分でコーヒー豆を挽く。しかしそれでコーヒーの料金が安くなるわけではない。いや、反対に高くつくのだ、それは何故か。chiiko通信さんがその疑問に答えてくれた。現代人は忙しい。いつも時間に追われて、自分自身を見失ってる人が多い。だから、押しつけてでもいいから、お金を多く取っても良いから、もっとゆっくりした時間をつくって、自分自身を取り戻してもらいたい。このコーヒーミルで自分で豆を挽いて、自分自身を見つめ、自分の挽いた豆で、淹れたコーヒーを飲みながら…。それが「優しい時間」を提供することなのだろう。これからこんな商売がきっと流行るに違いない。というかこれからの時代の商売のコンセプトだと倉本さんは言ってるのではないだろうか? 具体的に、その他どんな商売があるのか今は思いつかないが、もしどなたか思いついた人がいたらトラックバックしてくださいね。

|

« 倉本聰さんの『優しい時間』を観た  vol.3 | トップページ | たんぽぽいろいろ »

コメント

faceさん、おはようございます!
優しい写真ですね。
私は何も疑問に答えていませんよ。
faceさんの記事を読んで今疑問が解けました。
ありがとうございます。
新種の商売についてはまだ思いつかないので
去年の夏に私が書いたコーヒーミルの記事を
トラックバックさせていただきます。
よろしければ読んでみてください。

私はどうも商売には向かないようです。
きょうもよい一日をお過ごしください。
ではまた!

投稿: chiiko | 2005.01.30 09:41

こんばんは〜、chiikoさん。
いえいえ。
chiikoさんのコメントが
そのまま答えになってました。
さすがです。
どうして商売に向かないんですか?
自分のほうこそ
商売にむかないと思ってます。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.01.30 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2738660

この記事へのトラックバック一覧です: 新種の商売:

» コーヒーミル [chiiko通信]
そういえばコーヒーミルはスローライフだと思いました。遠い昔おいしいコーヒーを飲み [続きを読む]

受信: 2005.01.30 09:30

« 倉本聰さんの『優しい時間』を観た  vol.3 | トップページ | たんぽぽいろいろ »