« シューベルツの『風』にまつわる思い出 | トップページ | 新種の商売 »

2005.01.28

倉本聰さんの『優しい時間』を観た  vol.3

今週は、いくつかの謎が解けた週だと思う。反対に謎が深まった部分もあったけど。お客がミルを挽くのは、めぐみさんの生前の意向だった。かつては自分もそうしたことがあって、お客にミルを挽いてもらう、そしてその分お金を多く取る。というものだ。マスターもお金を多く取ることにはびっくりしてた。そして自分も分からなかった。どなたか分かる人いますか〜。あるいはその謎もまた、徐々にわかる仕組みになっているのだろうか? それから、拓郎がせっかくほんの少しでも、父親に心を開こうとして、何かを話そうとしてるのにマスターは心のどこかに、無意識のうちに息子を攻める気持があるのだろう、拓郎の話を聞こうとしない、こうあって欲しいというこうであるべきだという父親の論理を押しつける。そのへんの微妙な演技が上手かったよ寺尾さん。そして余貴美子さんの酔っぱらった演技も上手し色気がある。どんな人なんだろうそしてどんな役どころなんだろう。期待が膨らむ。そして梓、彼女の過去もだんだん明かされてきた。傷つきやすい年頃なんだな、きっと。拓郎! 梓に優しくしてやるんだぞ。そして木の陰で見せた涙の演技や親方の息子とその彼女を迎える部分、よかったぞ。

|

« シューベルツの『風』にまつわる思い出 | トップページ | 新種の商売 »

コメント

待っていました、faceさんのこの記事を!(笑)

段々とそれぞれの過去が浮き彫りになってきましたね。
寺尾さんの心では心配しているのに、実際に拓郎に会ったらどんな態度をとるか心配している矛盾している姿、泣けますね。

梓と拓郎の会話で、お姉ちゃんの旦那さんが突然消えた事、そして自分達の母親が隣のおじさんと一緒に消えてしまった事実。「よく周りの人が消えちゃうんだ」と言う梓に、「おまえの周りの人、よく消えちゃうんだな」とさらっと言っている拓郎の思いやり。
それぞれの過去の傷があるからこそ、優しくなれるのかもしれないですね。

投稿: ぽっかぽか | 2005.01.29 06:36

(⌒^⌒)b うん

faceさん、どんな記事書くかなぁって楽しみにしてました。(^^)v

>そして木の陰で見せた涙の演技や親方の息子とその彼女を迎える部分、よかったぞ

賛成~♪
泣けたなぁ、今回。
二宮君、とっても良かった。('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン

投稿: あんず | 2005.01.29 06:53

おはようございます!
みなさん楽しみに待っているんですね。
なぜ多くとるのかはこれからまた明らかになるのでしょうね。
私、学生時代に友人のところへ行って、コーヒー豆は私がひいて、コーヒーは友人に入れてもらうということをしていたことがありました。その時は、それだけゆっくり一緒に時間を過ごすことができるし、一緒にコーヒーをつくって飲んでいる感じがして、とても豊かで楽しい時間を過ごせた思い出があります。
だから、多くとってもいいと私も思いましたよ。
多く払っても行きたいと思うし、多く払うことでギフトのお返しをしているような感じなのかもしれません。
ではまた!

投稿: chiiko | 2005.01.29 08:19

こんばんは〜、ぽっかぽかさん。
いや〜、その様におっしゃられては
恒例にしなくてはいけないような
プレッシャーを感じてしまいます(笑)。
あれ、考え過ぎかな?

先々週に引き続き先週も感想を書いたら、
ついでに今週も書いちゃえ〜という感じで、
勢いでまた今週も感想というかなんか書いてしまいました。

そうですねマスターの微妙な心理が伝わってきますね。
きっと、無意識的に息子のことがまだ許せないのだろうと
思うのですが、どんなもんでしょう。ですがきっと
「あの事故があったからこそ、
こんな父親と息子の関係が築けた、そして解り合えた」
と言える日が来るのだろうと思います。
(全然違ってたりして)

ぽっかぽかさんがおっしゃる
「それぞれの過去に傷があるからわかりあえる」
良い言葉ですね。
そうそう、それを言おうと思ったんですよ。
だから今ある困難や過去から逃げてはいけないということですか。
それが貴重な体験になると言うことなんでしょうか。
だから優しくなれる…。
いいですね。

投稿: face(ぽっかぽかさんへ) | 2005.01.29 20:58

こんばんは〜、あんずさん。
なんかこの感想書きが
恒例になりつつありますね。
あんまり期待されても
プレッシャーがかかります。
まあ、半分遊びってことで。
あんずさんはやっぱ、
二宮君のファンでいらっしゃるんでしょうか。
かっこいいというか、可愛いというか
魅力的ですよね。
彼だけではなくて、出演者みんながそれぞれ魅力的です。
今週は余貴美子さんもよかったのではないでしょうか。
また、脇役もみんな個性的な人たちばかりですね。
テーマ曲のCDを買われるんですね。
良いですよね〜。

投稿: face(あんずさんへ) | 2005.01.29 21:05

こんばんは〜、chiikoさん。
そうみたいですね。
皆さん毎週楽しみにしていらっしゃるみたいで…。
自分も周りでも、このドラマ観てる人、結構多いですよ。
日常の話題で、このドラマを取り上げると、
結構もりあがります。『北の国から』に
引き続き国民的ドラマになうような予感がします。

chiikoさんが、おっしゃる意味、わかるような気がします。
確かに、現代人は時間に追われてて、
自分を見失ってるようなことがたくさんあります。
だから、無理矢理にでも、あるいは押しつけてでも
こちらがお金を多く取っても、
ゆっくり落ち着いた時間を提供して
自分を取り戻してもらいたい。
このように思えば、理解出来なくはないですもんね。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2005.01.29 21:16

>あんずさんはやっぱ、二宮君のファンでいらっしゃるんでしょうか。

=^-^=うふっ♪
このドラマを見るまでは、それほど注目してたわけではないのですが、さすが倉本さんですね。
ちょっとした表情が可愛いし、ぐ~♪ d(* ̄o ̄)

寺尾聡さんも('∇^d) ナイス☆!!
最初の空を見上げて、思い出に浸ってるようなシーン
素敵ですよね~。

そうそう
余貴美子さんもね。

CDゲットしました。v(*'-^*)bぶいっ♪

投稿: あんず | 2005.01.30 07:40

こんばんは〜、あんずさん。
CDゲットされたんですか〜。
あんずさんもこのどらまの
相当なファンでいらっしゃいますね。
A級ですね。
ニノくんいいすね。
かっこいい〜。
あんど可愛い!!。
来週も楽しみ〜。

投稿: face(あんず)さんへ | 2005.01.30 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2729504

この記事へのトラックバック一覧です: 倉本聰さんの『優しい時間』を観た  vol.3:

« シューベルツの『風』にまつわる思い出 | トップページ | 新種の商売 »