« 笑顔の意味そして力 | トップページ | 渡らしい歌 »

2004.12.20

スキンシップ・ブルース

enomoto

タカダワタル的がヒット。今年は渡ブームだった。行こう行こうと思っててついにいけなかった。なのでなぜ柄本明なのかわからない。なにやら仲がいいらしい。それと、芸能人では大杉連、佐野史郎といったところが渡のファンらしい。

|

« 笑顔の意味そして力 | トップページ | 渡らしい歌 »

コメント

本題から外れた話題でごめんなさい。
数年前、世田谷で、アマチュアのダンスコンテストのようなイベントがあり、審査員に野沢那智さんが含まれていたので出かけていきました。そうしたら、ロビーで待っていたときに、目の前に座っておられのが大杉漣さんでした。役者さんとしての先輩だからでしょうか、野沢氏が。いずれにせよ、渋い脇役ですよね、大杉さんって(なれなれしいかも)。凝視してしまいましたよ。大杉漣公式サイト
で、スキンシップブルースというタイトルが気になります。歌詞はどんなふうなんでしょう。

投稿: melas | 2004.12.21 10:20

こんにちは、melasさん。興味のない人にとってはつまらない話題で申し訳ありません。これはあくまでうわさなんですが、渡の息子の名前が漣と言います。なんでもそこからとったらしいですよ。大杉漣さん、男からみてもかっこいいです。それから、この歌の詩は山本シンと渡の合作みたいです。内容を紹介するには、ちょっと勇気がいります。というか、わいせつな詩です。どこかで機会がありましたら、聞いてください。明るくていい歌だと思うんですけどね。僕と君との岡本理研ゴム…。な~んちゃって、ほんのさわりだけ。きゃ~。渡はハーモニカ横丁の飲み屋、(名前は忘れたけど)に出没するらしいです。これは、予感ですけど、melasさんは渡と波長が合いそうな気がします。吉祥寺にお出かけの際は、「いせや本店」も要チェックです。

投稿: face(melasさんへ) | 2004.12.21 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2326100

この記事へのトラックバック一覧です: スキンシップ・ブルース:

« 笑顔の意味そして力 | トップページ | 渡らしい歌 »