« 『ポーラー・エクスプレス』を見てみた | トップページ | 高層マンションと冬の木 »

2004.12.27

ホーボー再び

先日見た映画『ポーラー・エクスプレス』にホーボーの幽霊が出てきた。この映画はホーボーがキーワードになってるような気がしてならないので以前載せた記事をもう一度、載せてみることにする。
ホーボーは南北戦争後、アメリカ全土に鉄道網が敷かれようとしているなかで誕生した。自由気ままな彼らの生き方は、自由へのアメリカ人の憧れと結びついて、コミックの主人公になるなどたちまちアメリカ文化に定着していった。そのホーボーにも波があり、過去に4回大流行を巻き起こした。最初は南北戦争後の10年間、2回目は第一次世界大戦後、3回目は1929年の大恐慌に始まる30年代、最後が第二次世界大戦後の時期である。ホーボーにはいくつかのタイプがあって、働きながら放浪するホーボー、社会からドロップアウトして放浪をつづけるトランプ、酒飲みの放浪者バム、犯罪を常習とする放浪者イェグなどに分けられている。ジャック・ロンドンの場合は、この分類に従えばトランプに属する。ジャック・ロンドンの「ジャック・ロンドン放浪記」(川本三郎訳)(小学館)から。
この映画のホーボーもまたトランプだと思う。フォークソングでもこのホーボーという言葉ははずせないキーワードだ。

|

« 『ポーラー・エクスプレス』を見てみた | トップページ | 高層マンションと冬の木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2390830

この記事へのトラックバック一覧です: ホーボー再び:

» ホーボー [気まぐれ通信]
なーんちゃって通信 「ホーボー再び」へトラックバックします ほー、そういう歴史が [続きを読む]

受信: 2004.12.27 20:55

» ジャック・ロンドン放浪記 [THE TEAR OF AN ALLIGATOR]
ジャック・ロンドンといえば「白い牙」に代表されるような動物作家なのかと思っていた。けれど、村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」の中の一篇で、主人公がジャック・... [続きを読む]

受信: 2005.03.11 02:01

» ジャック・ロンドン放浪記 [THE TEAR OF AN ALLIGATOR]
ジャック・ロンドンといえば「白い牙」に代表されるような動物作家なのかと思っていた。けれど、村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」の中の一篇で、主人公がジャック・... [続きを読む]

受信: 2005.03.11 02:02

» どん底の人びと [漂着の浜辺から]
 八月に入って、初めての更新は、   「どん底の人びと」  ジャック・ロンドン著 の紹介からにしたいと思う。  「白い牙」や「野生の呼び声」などで有名なジャック・ロンドンは、日本では余りにも過小評価されている作家の一人である。日本では、ジャック・ロンドンといえば、例えば椋鳩十のような動物作家と同じように考えられている場合が多い。確かにそれは、ジャック・ロンドンの最も成功した一面であるが、実際のところ、... [続きを読む]

受信: 2005.08.02 19:27

» どん底の人びと [漂着の浜辺から]
 八月に入って、初めての更新は、   「どん底の人びと」  ジャック・ロンドン著 の紹介からにしたいと思う。  「白い牙」や「野生の呼び声」などで有名なジャック・ロンドンは、日本では余りにも過小評価されている作家の一人である。日本では、ジャック・ロンドンといえば、例えば椋鳩十のような動物作家と同じように考えられている場合が多い。確かにそれは、ジャック・ロンドンの最も成功した一面であるが、実際のところ、... [続きを読む]

受信: 2005.08.02 19:30

« 『ポーラー・エクスプレス』を見てみた | トップページ | 高層マンションと冬の木 »