« すっぱいのですかんぽ | トップページ | きんぎょさんへ »

2004.12.17

夜明けは誰の葡萄の一房だ

junnpei

年会シーズンだからという訳ではないが、今日は佐久間順平さんが歌う渡のこの曲。『酒が飲みたい夜は』。佐久間順平さんといえば林亭。詳しくは幻泉館さんに語ってもらうことにして。池袋のシアターグリーンで行われていたホーボーズコンサートなんかで活躍されていた。器用な人で楽器ならなんでもこなす。特にフィドルなんかを手にすることが多い。今日はこの曲、詩は詩人の石原吉郎さん。いまさら何も付け加えることはあるまい。たっぷりとこの詩を味わっていただきたい。特に気に入ってるところはやはり「夜明けは誰の 葡萄の一房だ」というところ。どうすればこんな言葉がでてくるんだろう。やはり詩人は詩人。さあ酒でも飲むとするか。


が飲みたい夜は 酒だけではない
未来へも口をつけたいのだ
日の明け暮れ うずくまる腰や
夕暮れとともに沈む肩

血の出るほど 打たれた頬が
そこでもここでも まだ火照っているのに
うなじばかりが 真っ青な夜明けを
真っ青な夜明けを待ち望んでいる

酒が飲みたい夜は ささくれ立った指が
着物のように着た夜を剥ぐ
真夜中の大地を 掘り返す
夜明けは誰の 葡萄の一房だ

酒が飲みたい夜は 酒だけではない
未来へも口をつけたいのだ
日の明け暮れ うずくまる腰や
夕暮れとともに沈む肩

|

« すっぱいのですかんぽ | トップページ | きんぎょさんへ »

コメント

こんにちは!
忘年会だったのですね。夕暮れとともにですか。それでお金はご自分で払ったのですね。私、忘年会の経験がほとんどないのでよくわからないのですが、社内でやるような忘年会は会社持ちでした。お酒にもいろいろなお酒があるんですね。私はつき合うで飲むことはほとんどなくて、家で飲みます。飲むと少し陽気になって少しおしゃべりになります。昔の音楽を聴きたくなります。つらい時には、あまりお酒は飲みません。

この詩、すごい迫力ですね。
「真っ青な夜明け」という表現は初めて出会いました。私はターコイズブルーの夜明けを待ち望んでいます。では、また!

投稿: chiiko | 2004.12.18 16:00

こんばんは〜。chiikoさん。そうなんです、社内の忘年会。社員は実は自分一人。あとは全員役員です。それぞれみんなじぶんでお金出しました。変わってるな〜。まあでも楽しいお酒でした。またケンカしないようにじゅうぶん気をつけましたから。な〜んちゃって。ところで、この詩の言葉は鮮烈ですよね。大好きな詩です。きょうもまた酒でも飲もうかな? 渡のように。

投稿: face(chiikoさんへ) | 2004.12.18 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11585/2294309

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けは誰の葡萄の一房だ:

» 林亭「わたしが一番きれいだったとき」(1973年) [幻泉館日録@楽天]
中山ラビさんのところからライブの案内をいただきました。>10/25(土) 吉祥寺スターパインズ・カフェ>open6:00pm  start7:30pm>中山ラビ... [続きを読む]

受信: 2004.12.17 23:56

« すっぱいのですかんぽ | トップページ | きんぎょさんへ »